老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

老け顔の改善はまずは何から始めればいいの?

年をとることによって、肌質が劣化することは

常識としても、また実感としても感じていることと思います。

 

肌の状態というのは、露出部の多い服装をする際に目に入るものであり

「見た目」の要素を、判断しやすい・されやすいものです。

 

だからこそ、年をとっていく過程で最も気になる部分ではないでしょうか?

 

「老け顔」は様々な要素の劣化によって作られる

 

肌質の悪化を感じるタイミングとしては、

  • 乾燥しやすく・カサカサになりやすくなった
  • 「肌荒れ」が起きやすい・治りにくくなった

 

更に、何より見た目として「しわ」「たるみ」等が

目立ってくることによって「崩れて来たな・・・」と感じるはずです。

 

年をとることによって、肌の状態が崩れてしまう要因は

数えきれないほど存在し、根本的な要因からリスクの上昇によるものまで様々です。

 

1つ1つの細胞の劣化

 

まず第一に、年をとることによって
肌質だけでなく、あらゆる器官の細胞が劣化していきます。

 

「元気がなくなってくる」のです。

 

これは、

  • 元気な細胞を作る機能
  • 細胞を正常に働かせる能力
  • 細胞の健康を保つ能力

 

全てが衰えている結果であり、内臓の働きといっ

 

た根本的な体の能力の衰えによるものになります。

 

新陳代謝の悪化

 

古い細胞を排出し、新しい細胞を生み出すメカニズムを

「新陳代謝(ターンオーバー)」と呼び、美容に興味のある方にとって常識的なことです。

 

必要のない(すでに機能を失った)細胞を排出し

新たな活発な細胞を作り出すことで「ハリ」といったものを実現しますが

体の機能全体が衰えていることによって、正常なターンオーバーが発生しなくなります。

 

この新陳代謝の衰えは、中年以降の様々な要素に波及することになります。

 

肌中の水分量の減少

 

そして、直接的に肌の衰えを見た目に反映させて

いる最大の要素が、肌中の水分量の低下になります。

 

いわゆる「潤い」と呼ばれている要素であり

「乾燥(カサカサ)肌」の傾向を招いていることも常識的です。

 

そして、この肌中の水分が失われる要

因としては細胞の劣化・新陳代謝の劣化によって肌を守る成分、

肌に水分を留めておく成分が、減少していることが挙げられます。

 

見た目だけでなく、肌を守っている成分としては

  • 皮脂
  • セラミド
  • コラーゲン

 

といったものが挙げられますが、そのどれもが減少し

更に機能を失ないつつあることで、肌質を劣化させるのです。

 

今後の取り組みの基礎

 

ここからは、「ピーク」以降の「衰えつつある肌質」

改善していくための、基本的な対策・改善策を解説していきます。

 

そして、根本的に肌質を改善するためには

まずは体の中から、身体機能を回復させていくことが不可欠です。

 

「健康な細胞」を作り出せるようにする

 

まずはとにかく、健康的な細胞を生み出すための働きかけが大切です。

 

これは、内臓の機能を向上させることや

細胞を構成する「アミノ酸」・細胞の核となる「亜鉛」を摂取するといった

総合的な食生活の改善が求められます。

 

低品質の食材を避ける

 

これは現代では意外と難しいことであり

無意識のうちに、肌に負担をかけている人がほとんどです。

 

1日に1回でも、ファーストフードを食べているという人は決して他人ご

とではなく、その積み重ねが細胞の質を悪化させています。

 

新陳代謝の活性化

 

新陳代謝を活発にすることで、古くなった細胞が排出され始め

新たに作り始めた元気な細胞によって、効率的に綺麗な肌を作ることができます。

 

新陳代謝は「自律神経」によってコントロールされているものであり

自律神経の環境の改善は、規則正しい生活リズムからであり

特に女性にとって「徹夜」「夜更かし」は、思っているよりも悪影響に大きなものになります。

 

また運動をすることは、もちろんメリットのあることですが

「汗」をかくこと自体が、代謝を向上させるわけではありません。

 

「汗をかく」ことよりも「汗をかく機能」を改善することが新陳代謝の質を

本質的に改善することにつながるのです。

 

水分を体に留める

 

そして最も大切なことが「水分を逃がさない」ことです。

 

「逃がさない」とは「蒸発させない」ことであり

細胞の活性化・新陳代謝の改善によって、潤いを作る環境は整っていきます。

 

あとは「留めておく」ことで、肌の質を保つことができます。

 

この過程では、

  • 皮脂の除去をし過ぎない
  • 入浴後の入念なケア

 

といった、サポートアプローチがより重要になってきます。

肌の「糖化」を予防・改善するためのための方法と食生活~食材と食事の摂り方から防ぐ~

肌の劣化につながる要因・要素には、様々なものが存在し

基本的なものとしては、「水分不足」や「ビタミン不足」といった

<足りない>ことによって、悪影響が発生してしまうことが一般的なイメージに多いものです。

 

一方で「油分」といった、多すぎても・少なすぎてもデメリットが発生してしまう

絶妙な「バランス」が必要な要素は、特に<ベストな状態>を考えた際に重要なものになります。

 

これらはある意味で単純なものであり、そもそも不足(過剰)しないようにする

また足りなければ補うといった、その改善策に関しても比較的容易なことと言えます。

 

しかしながら、日々発見されている新たな事実・増え続ける知識によって

より複雑な現象が老化に関わる事実を知ってしまうことも、現代ならではの事情と言えます。

 

過去に比べて、美を保つことができる期間が長くなったということは

すなわち、<防ぐべきこと>と<改善すべきこと>が増えたことが理由でもあります。

 

そしてその中でも、比較的新しい内容に「糖化」と呼ばれる現象があり

シワ・たるみ・色素の沈着といった、典型的な肌のトラブルも

昨今では、糖化が大きな働きを成していると考えられています。

 

全てが糖化の結果というのは、やや大げさとも言えますが

実際に肌の劣化を招くものであり、アンチエイジングの鍵となることは間違いありません。

 

「糖化反応」とは?

 

<肌が糖化する>ということは、実際には(肌)細胞が糖化しているということであり

その名の通り、「糖」が関わっている現象になります。

 

食事によって摂取した「ブドウ糖」

  • 過剰な量だった
  • うまく代謝されなかった

 

といった場合に、タンパク質と結びつくことで

「AGEs(糖化最終生成物)」という物質に変化します。

 

このAGEsは、老化を促進させてしまう存在として知られており

この一連の減少自体は、「メイラード反応」という名称でも知られています。

 

以上のような、難しい言葉・概念で考えなくとも・・・

 

砂糖を含んだ食材に火を通した時や

砂糖を含む調味料(醤油等)を利用した際に発生する

いわゆる「焦げ」は、正にこの反応が起きている状態であり

 

同じことが肌中で起きていると考えることで、イメージしやすいはずです。

活性酸素による、細胞の「酸化(錆び)」と非常に似た現象であり

  • 錆び
  • 焦げ

 

という2大要素の相乗効果によって、老化は進んでいくのです。

 

「糖化反応」によって肌に起きる現象

 

トーストやお菓子が焦げるイメージからも、肌が糖化してしまうことで

肌色が悪くなる(くすみ)といったが起きることは、イメージしやすいことと思いますが

冒頭で挙げた通り、その他の様々な肌トラブルも同時に招くこととなります。

 

糖化が起きている部分は、カサカサ・ゴワゴワといった

乾燥して硬くなっていることが特徴であり、まさに水分を徹底的に奪われた

「お焦げのついた、香ばしいお菓子」のような質感となってしまいます。

 

また抗酸化機能・代謝機能を劣化させてしまっていることからも

色・質感だけでなく、様々なトラブルを招くことは必然と言えます。

 

糖化反応を予防・改善するための食生活

 

活性酸素の除去と同じく、糖化現象に対する予防・対策というのは

体の外側からよりも、内側からの働きかけが中心であり

やはり、「食生活」によるアプローチが必須なものとなります。

 

糖化とは、一度起きてしまうと解消が難しい現象です。

 

糖化してしまった細胞は、元に戻ることは基本的になく

一度起きてしまった際には、代謝して排出するしかなく

何よりも<糖化させない>という、予防が重要なことであると言えます。

 

また<何を食べるべき>というよりは、<どう食べるべき>という

「食べ物」よりも「食べ方」が、より重要な意味を持ちます。

 

まず、最も意識すべきこととして

「糖質が少ないものから食べ進む」ということが挙げられます。

 

特にビタミンB群を含む食材は、糖の代謝を促すものであり

炭水化物を摂取する際には、同時に摂取することを心掛けましょう。

 

言うまでもなく、太っている人というのは

糖化が起きやすい・すでに起きていると考えることができます。

 

まずは、基礎的な「太りにくい食生活」から始めてみましょう。

 

「コラーゲン」の生成に欠かせない「たんぱく質」を意識する

 

糖化が起きる反応から、ブドウ糖の摂取量が多いほどに

その基礎リスクが高くなるものであり、最終的にブドウ糖へと代謝される

炭水化物を含む食材を避ける等、基礎的な食事制限は欠かせないものと言えます。

 

しかしながら、食事の制限を設ける際に注意することとして

糖化のきっかけともなる、たんぱく質は細胞を作るために欠かせないものであり
極度な制限はするべきではなく、やはり「糖分」という決定的な要素の制限を意識しましょう。

 

たんぱく質は、糖化を招く要因となることと同時に

糖化によって破壊されてしまう、「コラーゲン」の生成に欠かせないものでもあります。

 

そもそも糖化反応によって、コラーゲンが破壊されてしまうことことが

シワ・たるみといった、「ゆるみ」を引き起こす原因でもあります。

 

糖化反応による悪影響は「美容」だけの問題ではない

糖化反応とは、肌のみに悪影響が起きるものではありません。

 

あらゆる細胞に起きることになり、それは血管・血液にも影響を与えるため

最終的には、必ず「動脈硬化」や「腎障害」につながる現象です。

 

また、起きる場所は無限に想定できるものであり

髪・爪といった、肌以外の美的要素の劣化にとどまらず

  • 筋肉への影響による、代謝機能の劣化
  • 骨への影響による、骨粗鬆症

 

<これぞ老化>といった、様々な健康面に影響を与えるものでもあります。

 

特に「血糖値」が高い傾向(老化による当然の変化)が見られる際には

食後の運動・水分摂取等といった、基礎的な対策から意識を強め始めることが大切です。