老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

深くなってきた「ほうれい線」と増えてきた「目じりのシワ」~刻まれてしまった「笑いジワ」を解消したい!~

今現在幸せであること、充実した人生を送ってきたことに越したことはありません。

 

いい人生を送るためには、<美しさ>ということ以上に

日々の生活の中での、充実感・喜びといったことが必要であると言えます。

 

そして、そういった人生を送ってきた方というのは

健康的な体である傾向もあり、<結果的に肌も綺麗>な傾向があると言えます。

 

「健康状態」と「美容」というのは、比例するものであり

精神的な健やかさは、肉体的な健康にもつながる要素と言って間違いありません。

 

しかしながら、時に・局部的に「幸せ」であることが

悩みの種になってしまう、というチグハグな現象が起こります。

 

その中でも、典型的なものが「笑いジワ」と呼ばれる<笑顔が招くシワ>であり

目じりや口元にできてしまう、嬉しくも悲しい現象になります。

 

特に口元のシワは「ほうれい線」として知られており、老化に伴う代表的な懸念の1つでもあります。

 

肌の「くせ」が定着してしまっている状態

 

シワが発生してしまう基本的な要因としては、肌の保湿能力が失われたことであり

老化現象に伴って、シワが増えてくるのは当然のこともでもあります。

 

それに加えて、「紫外線」をはじめとした外部からの刺激によって

肌がダメージを受ける・水分が奪われることで、リスクが上昇することになります。

 

これらは、それぞれ

 

「乾燥シワ」

 

「光老化」

 

「紫外線シワ」

 

と呼ばれるものになります。

 

そして、笑顔によってできてしまうシワは「表情シワ」と呼ばれ

笑顔に限らずとも、特定の表情の頻度・継続によって発生するものです。

 

簡単に言えば、「特定の表情を作りすぎて定着する」という現象です。

 

年齢と共に固定されていく

 

表情を作るということは、皮膚が動くということです。

 

そして、その動きに合わせて特定のシワが形作られますが

その際「表皮」は、非常に複雑に湾曲しています。

 

この表皮の湾曲こそがシワの正体であり、細かいものから大きなものまで

また浅いものから、深いものまで様々なものが発生することになります。

 

その表情が元に戻れば(真顔)その湾曲も、元に戻ることになりますが

戻りにくくなるのが、まさ老化なのです。

 

「形状記憶機能」を持った衣服が、洗いすぎることによって元に戻らなくなるように

皮膚に関しても、乾燥を伴う老化によって元に戻りづらくなります。

 

更には、その湾曲した部分から水分が失われることで

そのシワというのが、まさに「刻まれる」ことになります。

 

この現象は、「妊娠線(肉割れ)」と非常に似た現象です。

 

結局は<保湿>しかない

 

何はともあれ、基本的な対策は「保湿」になります。

 

肌中の失われていく水分を抑え、更に取り戻すことが必要です。

 

そうすることで、「ハリ」や「弾力」が生まれ

「形状記憶」が蘇り、元の肌に戻ろうとする動きが生まれることになります。

 

しかしながら「若くない細胞」にとっては、それだけでは不十分なこともあり

その時は、やはりスキンケアアイテムの力を借りる必要もあります。

 

「たるみ」という現象は、シワと同じものです。

 

大きなシワがたるみであり、その原因・改善策も共通しています。

 

このたるみの関しても、「頬」に多く見られるものであり

当然、笑顔の繰り返しによって形作られるものです。

 

<幸せの代償>の1つのなのかもしれません・・・

 

しかしながら、これらを克服することで

より大きな幸せ、特に<女性としての喜び>も大きくなるはずであり

幸せだったからしょうがない、、、ではなく、しっかりと解決していくべきなのです。

加齢によって衰えてくる新陳代謝を活性化する方法

何事も、「基礎」や「根本」が最も大切です。

 

「美」にとって、またそれ以上に大切な「健康」にとって

そして「生きる」ことにとって最も大切な要素とは、ずばり「新陳代謝」です。

 

新陳代謝とは、細胞の生まれ変わりであり

古くなった細胞を、新しいものに変える仕組みです。

 

特に肌や髪にとっては、非常に重要な要素であり

新陳代謝が悪いことによって、シミの原因となるメラニンの排出がうまくできなかったり
傷ついた髪がなかなか修復されない、といった様々な弊害が起こります。

 

美肌効果等を期待して、サプリを摂取していたとしても

「新しい綺麗な皮膚」は、肌の表面にすぐに現れるわけではなく

「脱皮」と同じく、表面が剥がれ落ちなければ露出することができません。

 

もちろん幹細胞美容液といった、特別なアイテムを使うにしても

代謝が悪化していることによって、その効果を引き出すこともできません。

 

  • 肌の調子が悪い
  • 汗をかきづらい
  • 汗が臭い
  • サプリや摂取した栄養素の効果が出ない

 

こういった傾向のある人というのは、(新陳)代謝が落ちていると言えます。

 

努力やお金を無駄にしないためにも

とにかく、まずは新陳代謝を向上させることが必要になります。

 

  • 十分な水分摂取
  • 筋肉量を増やしながら、長時間体を動かす軽い運動
  • 半身浴
  • 野菜とフルーツ中心の食生活

 

新陳代謝を向上させるための働きかけとしては、様々なものが知られますが

そもそも代謝が悪化している要因として、何より「便秘」を挙げることができます。

 

女性であれば身に覚えがある女性も、多いのではないでしょうか?

 

「生理」という現象が毎月起こり、排卵後・生理前は

妊娠する準備のため、体に栄養素を溜め込む・排出しない機能が働きます。

 

便秘の状態は<古いものを排出できていない>典型的な状態であり

本気で美肌を手に入れたいのであれば、まず必ず解消しなければならないものと言えます。

 

便秘解消の基礎

 

便秘の解消というのは、毎日出ない・2~3日に一度程度といった

軽い段階での対処が非常に重要なものと言えます。

 

この段階での対処が便秘体質が定着してしまうか

防げるかのポイントになってきます。

 

まずは、水分補給と乳酸菌、食物繊維で腸内環境を整えましょう。

 

単純なことですが、うまくポイントをつかみ実践することで非常に有効な手段となります。

 

ポイントとしては、

  • 朝食時に胃が空っぽのタイミングで
  • 乳酸菌飲料 or ヨーグルトドリンクだけを摂取
  • 昼食時・夕食時に食物繊維を
  • 含んだ食材をバランスよく摂取
  • 常に、時には一気に水分補給

 

各要素は摂取すればいつでもいいという訳ではありません。

 

空腹時に乳酸菌を摂取することにより

できるだけ早く腸に届けて、腸内環境を整えておきます。

 

その次に食物繊維と一緒に食べ物をを摂取することによって

食物繊維がうまく便にからみやすくさせます。

 

水分は少しずつ取るのも正しいのですが

吸収するタイミングや、量は人それぞれです。

 

時々一気に摂取することにより、過剰な量を大腸に届けることも必要です。

 

乳酸菌できれいに整えた腸で、食物繊維・水分が便にうまくからむようにしましょう。

 

大事なことは、ここで体に「便秘癖」をつけさせないことです。

 

腸内環境の改善は美容に欠かせない要素

 

代謝が大きく関わっている、「美の改善」にアプローチするためには

どうしても、腸内環境の改善は避けることができない要素になります。

 

「大腸」が、非常に重要な役割を担っている理由としては

「ホルモン」「酵素液」といった、体の「循環」に関わる

様々な要素の分泌量を調整する役割を果たすためです。

 

腸内環境が悪化していることによって

便秘や下痢だけでなく

  • 胃痛
  • 消化不良
  • 肌荒れ
  • 口内炎

 

あらゆる体調不良が発生するリスクが考えられます。

 

特に生理のある女性は、循環という要素が非常に大切であり

循環機能が乱れることによって、「生理不順」等の症状も現れてしまいます。

 

また、以上のようなトラブルが発生する根本原因として

「自律神経」が乱れていることが挙げられます。

 

腸内環境の悪化は、自律神経のバランスを崩します。

 

美とっても健康にとっても、非常によくない事態です。

 

自律神経は、ありとあらゆる体の要素を支配していますが

その状態は大腸の状態と、密接にリンクしています。

 

「自律神経失調症」という言葉は耳にしたことがある方も多いと思いますが

<何が起こるかわからない>ということが特徴の疾患になります。

 

そして自律神経失調症は、便秘の人に多い傾向があるということ

事実として・データとして、明らかなものと言えます。

 

便秘は、ただごとではないのです。

 

特に女性は、「下痢体質」よりも「便秘体質」が多い傾向があります。

 

これは体の仕組み上仕方がないことでもありますが

女性の腸内環境を改善していくうえで、便秘の改善は欠かせない要素です。

 

まずは「宿便」を完全に排出することがスタートになります。

 

「たかが便秘」と考えてしまう人もいるかもしれませんが

「されど便秘」であり、便秘を解消することによって思っている以上に体調がよくなります。

 

もちろん、それに伴って

 

といった3大要素に関しても、改善することは間違いないことです。

 

代謝とは健康な細胞を保つために欠かせない機能

 

新陳代謝・代謝という言葉は、よく耳にすることではありますが

まず前提として、「代謝」とは「生物が生きていくための体の活動」の全てを指します。

 

ご飯(エネルギー)を食べ、分解・合成(変換)・吸収・消費する、という全ての現象

その一連のサイクル全体を指すものであり、そのための働きというのは

体中にある全ての器官が、「適材適所」の働きを常に行っていることにになります。

 

ダイエットの話題等では、必ず「基礎代謝を上げる」というワードを耳にしますが

この基礎代謝で使われている意味こそが、摂取した・蓄えられた成分を適材適所で働かせる

その働きを向上させることを、基礎代謝を上げる、と表現しています。

 

そしてその代謝の現象の中の1つが、いわゆるターンオーバーと呼ばれるものです。

 

特に「肌の生まれ変わり」は、肌を健康に保つために重要な要素であり

  • シミ・そばかす
  • 肌荒れ

 

といった話題の際に、よく使われる表現になります。

 

もちろん、ターンオーバーというのは

表面・見える部分だけでなく、内臓組織そのものの生まれ変わりも

支えている現象になりますが、やはり女性にとっては「見た目」がより重要であり

美容の話題の際に、頻繁に使われているものになります。

 

新陳代謝を含めた、加齢による代謝の悪化の原因は

代謝の機能を支えている、「内臓」の働きが悪化するためです。

 

特に「肝臓」「腎臓」「膵臓」といった器官は

代謝に必要な・サポートするホルモンを分泌している器官であり

これらの機能が劣化することで、代謝も同時に悪化することになります。

そのため、まずは「内臓から」改善していくことが大切なのです。

 

健康であることが、最も重要な要素に違いありませんが

「肌の調子」等に関わる新陳代謝は、様々な取り組みによって

改善することができるものでもあります。

 

いわゆる「アンチエイジング」と呼ばれるものは

この新陳代謝の改善・向上を目的とするものになります。

 

まずは水分を不足させない

 

まずは何より「水分」を、十分に摂取することが大切です。

 

更に「吸収」を意識し、不足している器官・細胞全てに

適切な量を届けることを意識しましょう。

 

これは、吸収を活発にすることで

「(生まれ変わりのための)排出」を早めることにつながります。

 

もし「尿」として排出されてしまうとしても

「不足」しているよりは、はるかにマシであり

とにかく、「体のめぐり」を促進することを目指しましょう。

 

尿意を感じやすいということは、社会人生活を送っていると

なかなか不便な場合も多いため、休みの日などに「無理のない範囲」で

ミネラルウォーター・スポーツドリンクを交互に飲むことも、おすすめの方法になります。

 

そして体の代謝機能の鍵を握る、最も重要な器官が大腸であり

上記したように、まずはこの大腸の健康状態を正常にしておくことが

新陳代謝の向上にとって、欠かすことができないことと言えます。

 

そして「便秘」の状態というのは、大腸の状態を悪化させる最も大きな要因です。

 

便秘の解消は「絶対にすべき間違いないこと」です。

 

これは、老若男女問わず全ての人間にとって重要な問題です。

 

「たかが便秘」ではなく、便秘のままじゃ綺麗になれない

そもそも健康に生きることができないと考えましょう。

 

「化粧ののりが悪い」では済まなくなる日が来るのです。

 

「水分の摂取」が推奨される理由も、この便秘の解消のためであり

 

その他にも、

  • 十分な睡眠(排便のリズムを作る)
  • 適度な食物繊維の摂取(摂り過ぎは便秘を招く)
  • 適度な乳酸菌(加齢と共に必要量が増す)

 

これらは、加齢によって体に「効かなくなる」ものでもあり

若い時期に比べて、より意識して摂取していく必要があります。

 

以上の要素は、基礎中の基礎とも言えること

すでに大半の方が知っていると思われるものになりますが

これらが十分でないことには、他のアプローチも半減してしまいます。

 

  • ポリフェノール
  • ビタミンC

 

といったものは、あくまで「より効果を高める」要素であり

まずは、それらを受け入れる土壌を作っておく必要があるのです。

 

ハリのある毎日を送るために

FANZA(ファンザ)ライブチャットに登録する

女性ホルモンを増やす方法・食材・栄養素と生活習慣のまとめ

「若いとは言えない」女性に関する、美容の話題を語る際には

「女性ホルモン」という要素を避けることはできません。

 

女性ホルモンは、「中年以降」それ以前から徐々に体に現れる

様々なトラブルの、その症状全てに影響すると言っても過言ではない

あらゆる「負の問題」の要因となってくる要素です。

 

言うまでもなく、女性ホルモンとは「女性らしさ」に関する

様々な要素を、体に現わすための内分泌物資です。

 

肌の保湿能力の低下、それに伴う数々のトラブル

これらの加齢に伴う「美的要素の喪失」の根本要因は

<女性ホルモンの減少>であり、美容だけなく健康面に関しても

一定の年齢を過ぎた後に現れる問題は、全て「性ホルモン」が握っていると言えます。

 

「生理」や「妊娠」といった、究極の機能を支えている物質であり

「髪」や「爪」の「ハリ」「ツヤ」にも、非常に大きく影響を及ぼします。

 

この現象自体は、「ある程度は避けられない」ものでもあり

いくら騒いだところで、<年をとるとはそういうこと>とも言えます。

 

しかしながら、

 

とはいっても、

 

少しでも「美しさの素を保ちたい」「ケア楽にしたい」と考えた際には

やはり、女性ホルモンの減少をくいとめる・できれば増やすことが

最も効果的なアプローチであることには違いなく

「減って当たり前」という姿勢から、できるだけ工夫・改善をしてくことが大切です。

 

また、「男性ホルモン」を含めて「性ホルモン」とも呼び

「自律神経」への影響も及ぼし、「更年期障害」と呼ばれる

一定の年齢・ホルモンの減少が招く、健康トラブルを引き起こすものでもあります。

 

20代で始まっている女性ホルモンの現sy9応

 

女性ホルモンの分泌が、最も活発な時期は「20代前半」と考えられており

10代半ばから活発になり「20~22歳」でピークを迎えます。

 

つまり、20代半ばにはすでに減少が始まっているのです。

 

よく言われている「30歳はお肌の曲がり角」は間違いなのです。

 

女性ホルモンが減少していく要因

 

女性ホルモンが減少する原因としては

「体の機能の低下」がベースにあることはもちろんのこと

「閉経」が近づくことで、徐々に体は女性としての機能を減らしていきます。

 

あくまでそれに付随する症状として、髪が傷みやすくなったり

肌荒れが起こりやすくなったり、という弊害が現れます。

 

つまり、正常な・当たり前の体の反応でもあるのです。

 

人く知られている話ではありますが、女性は生まれる前から

母親のおなかにいた時点で、生涯排出することができる

「卵子」の量が決まっており、それも全てを正常に排出できるわけではありません。

 

その残された卵子の量が、減少してくるにつれ

「妊娠する可能性」も減少することになり

それに合わせて、徐々に分泌量を低下させていきます。

 

出産を経験した女性は、「一気に老ける」というイメージがありますが

実際には、一時的なものや「育児疲れ」である場合も多く

「出産しても綺麗」な女性は珍しくありません。

 

より女性らしくなったという方も多いはずです。

 

また、複数回の出産経験がある女性は

「もっと産むのでは?」と体が判断することで

女性ホルモンの減少が緩やかになる、という現象も実際にあるようです。

 

そのため、出産経験が多い女性ほど閉経が遅く

それに伴い更年期障害が訪れる時期も遅れ、また症状が「軽い」とされています。

 

「恋をすると綺麗になる」といったことも、信憑性の高いものであり

その理由はもちろん、女性ホルモンの分泌が活発になるためです。

 

「曲がり角」は避けることができない しかしながら、個人差はあるにせよ

この女性ホルモンの減少は避けることができません。

 

そして、「いつまでも若さを保ちたい」という願いは

この女性ホルモンの「減少量」との闘いになります。

 

そういった働きかけは、昨今では「アンチエイジング」と呼ばれており

様々な方法が常に考えられ、自分が信じたものを実践しているという人も多いと思います。

 

また化粧品や「メイク術」といった、外部からの「物理的な」アプローチによって

できるだけ若く「見せる」ために努力している女性も多いはずです。

 

というよりも、そういったアイテムは

「ここから」が本当の効果を試されるものでもあります。

 

あらゆる対策を実践するしかない

 

女性ホルモンの減少に対する対策は

「体の中から」と「体の外から」の、その両方が必要であり

どちらかだけでは「どうにかならない」時期が必ずやってきます。

 

また「中と外両方から」のアプローチである「食事」に関して

その内容を見直すことは、最も最初に取りかかるべき要素になります。

 

こういったアプローチは、無限に存在しますが

「高級健康食品」や「エステ」といった、経済的に難しいこともあります。

だからこそ、「できること」は全て実践していくという姿勢が大切です。

 

性ホルモンの分泌も食事が大きな鍵を握っている

 

性ホルモンに限ったことではありませんが、

体の中で分泌されているものは、目には見えないものです。

 

そのため、どれだけ減っていて・どれだけ改善しているということは分かりません。

 

しかしながら、それでも働きかけなければならないものであり

できることというのは「目的にとっていいものを取り入れる」ことであり

 

そのためには、食事にとって摂取する「栄養素」が何より重要になります。

 

「ホルモンの素」となる成分を摂取する

 

何はともあれ、特定の要素に関する改善をしたいのであれば

その要素に「ピンポイント」で効果にあるもの・成分を取り入れることが大切です。

 

  • <骨>を強化したいのであれば「カルシウム」
  • <お腹の調子>を整えるのであれば「乳酸菌」

 

そして、こと女性ホルモンに関して言えば

やはり「女性ホルモン成分」を、摂取することが効果的です。

 

女性ホルモン成分とは、主に「植物性エストロゲン」を指すものであり

「豆腐」を代表とした「大豆製品」がに含まれることは、今となっては常識的です。

 

「豆乳」といったものは、一時期ブームになっており

実際に食卓に取り入れている女性も多いと思われます。

 

この他にも植物性エストロゲンを中心とした

女性ホルモン成分を含んだ食材としては

  • ザクロ
  • キャベツ
  • アボカド
  • ナッツ類

 

といったものが挙げられ、これらはホルモン成分を直接含んでいないにしても

体内で代謝されることによって、女性ホルモンを維持する・増やす働きがあります。

 

「卵」といった、非常にありふれた食材にも

意外に大きな効果を持っており、できるだけ毎日食べたいものです。

 

また基本的に「生食(火を通さない)」がより効果的です。

 

しかしながら、「一般的な食材」から摂取することは難しいながらも

これら以外にも、女性ホルモンにとって有効な栄養素が存在します。

 

「大豆イソフラボン」以外も摂取するべき

 

「植物性エストロゲン=大豆イソフラボン」とイメージする方が多く

それ以外には知られていないことも多いですが

女性ホルモン成分というのは、他にもたくさんあります。

 

しかしながら、一般的な食生活の中では十分な量が摂取できないことが現実です。

 

そのため、女性ホルモン成分を効率的・お手軽に摂取するためには

「更年期障害対策サプリ」の利用がおすすめになります。



 

自律神経の安定が最も大きな恩恵

 

更年期障害対策サプリには、女性ホルモン成分はもちろん

「自律神経」を落ち着かせるための成分が含まれます。

 

自律神経と性ホルモンは、互いに非常に密接な関係にあり

どちらかが崩れれば、どちらかが崩れ

そちらかを改善すれば、どちらかも改善していくという関係です。

 

そもそも自律神経とは、体の機能の全般を支配している「司令塔」であり

多くの体調・美容トラブルの根源は、自律神経の乱れでもあります。

 

だからこそ自律神経を正常に保つことは、美容にとっても根本的な改善策と言えるのです。

自分の見た目の衰えを感じてきたならすぐに始めるべきアンチエイジング

人間は必ず年をとるものであり、「永遠に若く」存在することはできません。

 

「誰でも年をとる」という、その当たり前の事実の下で人生を生きています。

 

そして、一定の年齢に達した後には

 

漠然と「もうこれ以上年をとりたくない!」と思う人は多いはずです。

 

年をとることによる<弊害>は、数えきれません。

 

その「老いを自覚するタイミング」というのは、人それぞれではあるものの

「体力」と「見た目」という、自分で感じる・見る・気づくことができるものによって

多くの人に<その時>が、訪れることになります。

 

この事実に耐えることができない、何としても抗おうと考え、行動し始めるのです。

 

エイジングへの「抵抗」を始める

 

「年をとる」ことに対して不安・恐怖、更に<絶望>を感じてしまうのは

やはり女性に多い傾向があり、そのための「あらゆる角度からの解決策」を

日々考え・実践しているという人は、多いと思います。

 

恐怖の先にあるものが「見た目の劣化」ということも、女性ならではです。

 

  • 老ける
  • 醜くなる

 

これらに対し、直接的な抵抗感があるはずです。

 

「醜くなっていく」のではない

 

しかしながら、

 

加齢からは逃れられない・誰もが平等に年をとる、という事実は

あくまで<年齢的には>という、注釈がつくものであり

「加齢=醜くなる」というものではないことも、また事実でもあります。

 

「年の割には」という注釈がつくものの、年をとっても綺麗な女性も多く

大切なことは、「分相応以上の見た目」を保ち続けるということです。

 

あらゆる美の要素が劣化していくなかで

「できるだけ」綺麗なまま・美を保った状態で生きることが

多くの女性が、現実的に求めているものであるはずです。

 

誰もが「20代の見た目のまま生きる」ことは、不可能であると分かっているはずです。

 

何よりも「できるだけ早く」始めるべきこと

 

「若さを保つ」という願望は、人間にとって、特に女性にとっては

永遠のテーマであり、「アンチエイジング」といった様々な「ブーム」を経ながらも

常に研究され続け、最良の施策・アプローチが編み出され続けています。

 

しかしながら、「時計の針を戻すことはできない」ことは、永遠に解決できないことであり

だからこそ「戻す」のではなく「止める」という考えが必要になります。

 

そのため「保ち始めるタイミング」は、早ければ早いほどいいことは間違いありません。

 

今から始めましょう。

 

「急がば回れ」本質的な要素から考えていく

 

そして、「美容」に関して考え・実践していく際には

「健康」に関する要素が、欠かすことができないものになります。

 

年齢を経れば経るほどに、美容に対する「健康が与える影響」というものが大きくなります。

 

つまり、美容への働きかけ以上に、健康への働きかけが必要になります。

 

この事実を、決して忘れてはならず

「外側(見た目)をよくするためには、まず内側から」と考えましょう。

「抗酸化成分」と「グロースファクター」で<活性酵素>を除去して衰えた肌にハリとツヤを取り戻す

「アンチエイジング」の話題の中には、必ず「活性酸素」という言葉が出てきます。

 

この活性酸素こそが、「老ける・老いる」要因であり

活性酸素を除去する、そもそも「余計に」発生させないことが

アンチエイジング本来の、根本的なコンセプトになります。

 

しかしながら、この活性酸素がなければ<生きていけない>ため

「いかにコントロールするか」が、カギとなるものでもあります。

 

また「老化」とは、基本的には「年齢」に伴うものであり

基本的なことは、誰もが抗うことができないものでもあります。

 

そして、それを体に現わしているものが<細胞>の劣化であり

1つ1つの細胞の劣化によって、体全体が衰えていくことになります。

 

筋肉の細胞が衰えていくことで、基本的な「筋力」が衰え

また筋トレの効果も、なかなか現れないことになります。

 

更に内臓の細胞の劣化は、「胃もたれ」等をもたらすものです。

そしてこと「肌」の劣化とは、「保湿機能」の劣化であり

肌中の水分が保てなくなることで、少なくなることによって

  • シワ
  • たるみ
  • 色素の沈着

 

といった、あらゆる問題が発生することになります。

 

しかしながら、ここで「細胞はどうして劣化するのか?」という

その結果ではなく、本質的な原因に関する疑問が浮かぶはずです。

 

そして<細胞を劣化させるもの>こそが、活性酸素という存在でもあります。

 

生きていれば必ず発生する活性酸素

 

活性酸素とは、そもそもは細胞を守るために発生するものです。

 

「紫外線」や「細菌」といった、外部からの刺激を軽減・除去し

正常な生命活動を維持するために欠かせないものです。

 

しかしながら、余計に発生してしまった(余ってしまった)場合には

細胞自体を傷つけて(酸化させて)しまうという側面があります。

 

この「錆び」と呼ばれる、細胞の酸化こそが老化・劣化の正体です。

 

活性酸素とは、<ガソリンの燃えカス>のような存在です。

 

細胞が活動することで発生するため、生きている限りは発生し続けるものです。

 

呼吸をするごとに発生し、食べ物を食べ消化・吸収・排泄するごとに発生します。

 

本来であれば、活性酸素は発生の後に解消するものですが

過剰に発生してしまった際、またうまく解消できない場合には

体内に残ってしまい、細胞を傷つけてしまう存在になります。

 

これは<錆びさせる>と表現されることもあり

主に、「食べ過ぎ」や「激しい運動」によって過剰分泌を招きます。

 

また「紫外線」といったものも、活性酸素を生む存在になります。

 

紫外線によって傷ついた細胞を守るために発生するメラニン色素に伴い

また修復の際にも、活性酸素はセットで発生します。

 

解消できなかった活性酸素が招くもの

 

細胞が劣化することで「乾燥」や「炎症」を起こしやすくなり

  • シワ
  • たるみ
  • シミ・そばかす

 

といった、様々な「美的マイナス要素」を生むことになります。

 

細胞1つ1つの「見映え」が悪くなることで

それらの集合体である、各パーツの見栄えも悪くなることは当然のことです。

 

活性酸素は、日々・常に発生し続けているものであり

「長く生きているほど老けている」というのは

「発生した活性酸素の量」も多いため、当たり前のことなのです。

 

「活性酸素から体を守る」ために発生するマイナス要因も

活性酸素が影響する、典型的な例として「シミ」があります。

 

シミは紫外線の刺激によって、メラニンが発生することでできることが知られますが

しかしその前に、メラニンが発生するきっかけとなるものとして

紫外線を受けたことによって、まずは活性酸素が発生することになります。

 

そしてその過程で、余計に発生してしまった活性酸素から細胞を守るため

メラニンを分泌するという「もうワンクッション」が存在するのです。

 

こういったメカニズムは、紫外線→シミだけでなく

体のあらゆる部分・要素で日々起きていることになります。

 

「発生させない」よりも、「減らす・除去する」ことが大切であり

活性酸素からの悪影響を防ぐには、まずは余計な活性酸素を発生させないことです。

 

活性酸素を除去するための「抗酸化」

 

しかしながら、本来は必要なものでもあるため

「発生」をコントロールすることは困難であることが現実です。

 

余計に発生させることを防ぐためには「できることだけ」を意識しましょう。

 

紫外線を防ぐ(クリーム等で保護する)ことから

「動物性脂質」を控えるといったことが主になります。

 

「消化」に関しても、活性酸素を発生させる要因であり

消化に悪いものというのは、その分余計な活性酸素のリスクが高まります。

 

もちろん、「飲酒」や「喫煙」は言うまでもありません。

 

そして活性酸素に対して、最も重要なアプローチが「除去する」という段階です。

 

これは<抗酸化>と呼ばれるコンセプト・アプローチになります。

 

余計な活性酸素を解消することが、本当の意味でアンチエイジングであり

そのための基礎的な手段としては、<抗酸化成分の摂取>が挙げられます。

  • 代表的な
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • リコピン

 

といった成分は、比較的手軽に摂取できるため

こういった栄養素を含む食事を、日々の生活に取り入れることが

まずは手軽なアンチエイジングとして、実践すべきものと言えます。

 

基本的には「食事」を中心として「抗酸化成分」を摂取することで

体の中の事情は、体の中から解決していくことを心がけます。

 

抗酸化成分としては「ビタミンC」や「ビタミンE」が有名であり

その他にも「ポリフェノール」「リコピン」や

「エコンザイムQ10」といったものも注目されています。

 

主に「酸っぱい」「酸味のある」ものに含まれ

  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ類

 

といったものに多いことは、広く知られています。

 

ただし、これらの中には消化に悪いもの存在するため

食べ過ぎることで、活性酸素を余計に招いてしまうこともあるため注意が必要です。

 

この活性酸素を減らして、老化を防ぐためのアイテムとしては

「酵素ドリンク」や「水素」といったものがあり

抗酸化を目的としたアプローチは、日々研究が重ねられています。

 

特に「足りていないかな?」と思う場合や、食生活の改善によっても

なかなか効果が現れない場合には「サプリ」といったものもおすすめです。

 

「余計に発生させない」ということは「若返り」というよりは

「老けさせない」ことにすぎず、ここからが「若返りのスタート」になります。

 

やっと<戻るために>一歩進んだと言える段階なのです。

 

発生してしまった後は「グロースファクター」の活用も

 

発生している活性酸素に関しては、抗酸化成分によって解消できる一方で

すでに活性酸素によってすでにダメージを受けてしまった細胞は

抗酸化成分を摂取したからといって、元の状態に戻るわけではありません。

 

もちろん、美容のために摂取すべきとは言えますが

根本的な<修復>に関しては、なかなか期待できないものでもあります。

 

そして、そんな時にこそ「グロースファクター」を利用すべきなのです。

 

グリースファクターとは、衰えてしまった細胞を

  • 新しい・元気な細胞を作り出せるようにする(再生)
  • 育てる(成長)

 

といった、根本的な毛を目的に利用できるものであり

肌だけでなく、髪・骨等の様々な器官に利用され始めている成分でもあります。

 

ことスキンケアを目的とするのであれば、「グロースファクター配合美容液」

ぜひおすすめしたいものであり、アンチエイジング生活に加えて欲しい強力な味方と言えます。

 

グロースファクターに関する詳しい解説ページへ

老け顔を作ってしまう過脂化してしまった「濃いシミ」の解消方法

男性に比べて、女性は潜在的に「シミ」できやすい傾向があり

それは「女性ホルモン」が関わっているため、仕方がない面もあります。

 

しかしながら、年をおうごとに「できやすい」という特徴に加えて

増えやすい・濃くなるという、新たな傾向が加わることになります。

 

これに関しても、<老化>という新たな要素が加わったことによるものですが

それとは別に、シミが生成される仕組みにも変化が現れてくることになります。

 

そのシミを悪化させてしまう要素の1つに<過脂化>と呼ばれる現象があり

この現象によって、「より改善が困難なシミ」ができあがってしまうことになるのです。

 

解消がより困難になる「過脂化メラニン」

 

過脂化とは、シミの素となる「メラニン」が「脂肪」と結びつくことで

「過脂化メラニン」が生成されることを指します。

 

メラニンとは、紫外線をはじめとした様々な「刺激」によって

体内で「活性酸素」が発生することで、最終的に生成されるものであり

シミ・そばかすの原因となってしまう原因です。

 

基本的には「ターンオーバー(新陳代謝)」によって排出されるものであり

排出されなかったものが、シミ等の色素として定着します。

 

そして、生理サイクルによって定期的に新陳代謝が悪化してしまうことが

そもそもの、女性がにシミができやすい原因となります。

 

そしてそのメラニンが過脂化することで、より解消も困難になるのです。

 

メラニンが過脂化してしまう要因

 

メラニンが、脂肪と結びついてしまう原因としては

そもそも体内で脂肪が酸化してしまい、過酸化脂質が増えたことが原因です。

 

これにはやはり「活性酸素」が大きく関わっており

体内で発生した活性酸素が、多ければ多いほど過脂化のリスクが高まり

もちろん、年をとればとるほど「蓄積」されていた活性酸素は多いものです。

 

増加した(溜めていた)活性酸素によって、過酸化脂質が増え

更に多くなっていたメラニン色素と結びつくことで、過脂化メラニンが急増します。

 

活性酸素の増加・メラニンの増加が、過酸化脂質の増加・メラニンの過脂化の増加を招き

まさに「老化」による、負の連素が発生し続けることになります。

 

過脂化してしまったシミというのは、茶色・黒っぽくなることが特徴的であり

<薄い>シミと<濃い>シミであれば、濃くなるほど解消が難しいことは

理解されることかと思いますが、それが<一時的>なものなのか

<慢性的>になってしまうことなのかは、原因が過脂化によるものかによって異なります。

 

妊娠~出産にかけて、一時的にシミが発生・濃くなることは珍しくありませんが

過脂化によるシミというのは、その後のずっと定着してしまうものであり

何より「できた時点」で、過脂化しているのか・していないのかは決まっているのです。

 

そのため、より根本的な改善策が必要になります。

 

メラニンの過脂化を防ぐために必要なこと

 

過脂化メラニンを発生させないためには、そもそもメラニンを生成しないことが必要ですが

メラニンは肌を守るために、一定量の発生が必要なものでもあります。

 

そのため、<余計な活性酸素を作らない>ことが重要であり

これは余計なメラニン・シミを作らないことに直結します。

 

そして更により根本的な対策としては、脂肪を酸化させないことが大切であり

そうであれば、脂肪を少なくすることもリスクの減少に直結します。

 

つまり<太っていること>は、<過脂化のリスクが高い>と言える状態であり

まずは、何はともあれ「痩せる(脂肪を減らす)」ことも大切なのです。

 

特に、中性脂肪の増加が顕著な<中年の太り方>には注意が必要になります。

 

シミに限ったことではなく、加齢によって<昔は自力で(自然に)なんとかなった>ことが

どうにもならなくなってしまうことは、ある程度受け入れる必要があります。

 

「美白」というポイントにもこだわりのアイテムを多数販売しており

様々な種類の中から、自分に合ったアイテムを選んでみることもおすすめです。

 

もちろん、こういったアイテムの恩恵を受けやすくするためにも

なるべく過脂化の根本原因は、取り除いておきたいものであり

日常的な<抗酸化アプローチ>と<脂肪の燃焼>

必ず、アイテムの使用と並行していかなければなりません。

 

※参考記事

老け顔を加速させてしまう産後に増える「そばかす」濃くなる「シミ」を解消する

 

「肝斑」と「シミ・そばかす」は何が違うの?見分け方は?

年をとるにつれ取れにくくなってしまった「クマ」の解消方法

「老け顔」と呼ばれてしまう状態を招く要素としては

「シミ」「シワ」「たるみ」等、様々なものが挙げられますが

その1つとして、目の下を中心とした「クマ」も含まれるるはずです。

 

そしてこのクマも、その他の「フケ要素」と同じく

年をとることによって、発生・定着のリスクが高くなっていくものであり

より入念な対策・ケアが必要になることは、言うまでもありません。

 

そして、クマが増加してしまう要因は、加齢によって変化する体

それによって現れる症状の「集大成」とも言えるものなのです。

 

加齢によって上昇するリスク

 

クマができてしまう原因としては、基本的には「寝不足」といった

「疲れ」によるものであり、これ自体は経験として自覚している方も多いはずです。

 

たとえ若かったとしても、そういった条件下ではできてしまうものであり

最も根本的な要因である、疲れ・寝不足を解消することが基本的な対策になります。

 

しかし問題なのは、

  • できやすくなった
  • とれにくくなった

 

といった、「そもそものリスクの上昇」であり

これは「疲れを反映しやすくなった」とも言えることであり

この状態を何とかすることが、老け顔を回避するための重要な一手になります。

 

そもそも目の周りというのは、皮膚が薄いという特徴があり

「皮膚の下」の状況が、非常に分かりやすい傾向があります。

 

そのため、目の下の組織が劣化していること

主に「血管」の状態が悪化していることで、クマが「目立つ」ことになります。

 

本来(若い頃)であればクマにならなかったものでも、クマとなってしまうのです。

 

それには、皮膚組織が薄く(密度が低く)なったことと同時に

「血行」を中心とした、肌を元気に保つ要素が悪化していることで「より黒く」見えるのです。

 

それに伴って、たるみの原因ともなる「筋力の低下」

「くぼみ」「細胞の凹凸」を発生しやすくしてしまうことで

クマができやすい(見えやすい)状態が、整ってしまうのです。

 

いわゆる「皮膚痩せ」と呼ばれる状態になります。

 

中には、本来はクマではなく「色素の沈着(いわゆる茶クマ)」といったこと考えられ

これもまた、細胞の劣化・血行の悪化が原因でもあります。

 

老け顔を作ってしまう原因「クマ」~顔色が悪く見えてしまう~

 

消えにくくなったクマの効果的な解消方法

 

クマを解消するための<取り急ぎ>の方法としては、「温かいタオルを置く」ことが

一般的であり、目の疲れも言えるため実践している方も多いはずです。

 

これは「アイパック」と呼ばれることもあり、実際に非常に効果的になります。

患部を温めることによって、細胞が活性化すること

何より血行が促進されることは、非常に有効な改善策と言えます。

 

これは「マッサージ」にも言えることであり

「温めて揉み解す」ことが、すぐにできる改善策に違いありません。

 

体液の循環をスムーズにする

 

しかしながら、この基本的なケアとしての「血行の促進」は「応急処置」にすぎません。

 

根本的な解決策としては、やはりクマができやすい要因である

「血行不良」を改善するすること、尚且つ筋肉を中心として

顔の「ハリ」を取り戻すことが不可欠になります。

 

顔だけのハリを取り戻すためには、何らかのアイテムが有効ですが

やはり、「体全体」の血行を促進することが重要であり

健康的な習慣にもつながるための、血液の改善を含めて

「食生活」といった、より基礎的なことから見直していくことも重要になります。

 

また実際には「顔面の血行」は、「周囲の状態」が決めるものでもあり

主に「上半身の血行の状態」に加えて、「リンパ液」の流れの悪化によっても招かれるものです。

 

だからこそ、体全体の状況を改善することが必要ですが

「肩こり」「首こり」といった、特に顔に近い部分の改善が非常に有効なのです。

 

これらはクマ・たるみだけでなく、シミ・シワの改善にも有効であり

「総合的な問題」を解決するためのアプローチは、総合的なケアになり得るのです。

そして忘れてはならない、何よりの最高のケアは「質の高い睡眠」になります。

シミの予防のために摂取するべき「L-システイン」の効果と副作用~白髪が増えるのは本当?正しい飲み方とは!~

<シミのリスク>を減少させることで知られる「L-システイン」

実際に、スキンケアに関する一大ジャンルである

「シミ対策アイテム」として売られている、多くの商品の主要成分となっています。

 

<外側から塗り込む>クリーム・ジェルタイプに加えて

<服用>することで体の内側からアプローチするタイプ等、様々です。

 

そもそもL-システイン、体内に存在する「アミノ酸」の一種であり

ビタミンCとの相乗効果によって、シミ(色素)の原因となる

「メラニン色素」の過剰摂取を抑えるという働きがあります。

 

その効果のために、足りない・必要と思われる方が
「サプリ」によって摂取することも、非常に一般的なことになります。

 

代謝の向上による美容効果

 

そして、L-システインのもう1つの働きとして

「肝臓」を中心とした、「代謝機能」の向上も含まれ

そのため、「二日酔い」にも効果的であるとして

常備している人もいる人もいるほど、体感しやすい働きになります。

 

この効果を支えているのは、「ターンオーバー(新陳代謝)」と呼ばれる機能の中の

「排出」に関するものも含まれており、<おしっこが近くなる>といった現象も

このターンオーバーの活性化の活性化によるものと言えます。

 

「コラーゲン」の素材として

 

更に、あまり知られていないこととしてL-システインには

「コラーゲンの生成」という働きもあり

水分(ハリ)を失った・失いやすくなった肌にも効果的な成分と言えます。

 

もちろん、これに関してもターンオーバーの力によるものであり

「美白効果」に加えて、「美肌効果」も望めるものなのです。

 

しかしながら、一部では「副作用」に関しても心配されている方も多く

L-システインを摂取する際の、注意点に関しても紹介しておきたいと思います。

 

「L-システイン」の摂取で白髪が増える?

 

L-システインによって、分泌を抑制されることになるメラニンとは

「色素」であり、これはデメリットとして「シミ・そばかす」を生む一方で

「頭髪」を黒くしている、要となる成分でもあります。

 

そのため、L-システインを摂りすぎることによって

「白髪」が増えてしまうのではないかと、不安視する声もあります。

 

実際に「長期的」な「過剰摂取」は、白髪を招くリスクがあるという意見もあります。

 

白リスクを減少させてメリットを多く

 

「摂取しすぎると白髪が増える」とすれば、まさに<究極の選択>と言えるものです。

 

しかしながら、そう単純なものでものではなく

ほど大量に摂取しない限りは、またそういった習慣を続けない限りは

体内で<うまく調節する>機能があるため、「いい面」の方が大きいといえます。

 

L-システインが持つ、「白髪リスク」を減らすためには

「ビオチン」というビタミンの一種を摂取することが推奨されます。

 

ビオチンとは、肌・爪・髪を健康に保つために非常に効果的な成分です。

 

これらによって、<L-システインが持つデメリット>を中和させることが

白髪の増加リスクを抑えるために、有効であるという意見も多いです。

 

それでは、「ビオチンサプリ」も同時に摂取するべきかと言うと

ビオチンに関しては「一般的な食生活」さえ送っていれば

特に「肉類」「野菜類」をほどほどに摂取していれば

基本的には、不足しないものであるとされています。

 

「国産」であれば基本的には安全なもの

 

まとめると、

 

用法容量を守った使い方をしつつ、平均的な食生活を送っていれば

副作用に関しては、それほど気にしなくてよいと考えられます。

 

また、そもそも「シミが消える」ことも確実的なものではなく

同時に「白髪を増やす」ことに関しても、確実なものではないのです。

 

しっかりと「経過」を見守りながら、使用しましょう。

 

そして、それに加えて「日本製」のアイテムであることも意識して欲しいと思います。

 

<L-システイン>に関しても、ビオチンに関しても

非常に多くのサプリが販売されており、中には「海外製品」も存在します。

 

それらが全てダメとは言えませんが、基本的には国内製に比べて

含有量が多いものであり、余計なリスクを増やすことも考えられるのです。

 

「日本での利用者が多いもの」が、間違いないと言えます。

若くても老け顔に見えてしまう最たる原因である「黒ずみ」を早めに解消しよう

年をとることで「くすみ」等の、肌の表面が「黒っぽく」見えることが増えてきますが

その中には「垢」による「黒ずみ」といった、物理的なものも増えていきます。

 

若い時期に比べこれらが増えていく要因としては、様々なものを挙げることができますが

原因を<解消>することで防げるもの、防げないから<対処>すべきもの

いずれのケースも考えられ、それぞれに相応しい処置をしていく必要があります。

 

間違ったケアによって、意味のない・悪化してしまうケースもあるため

正しい知識が必要であり、まずは「自分の黒ずみ」の原因を知ることが大切です。

 

そしてこの黒ずみとは、基本的には皮脂や垢が蓄積したものであり

「普通に洗っているだけでは解消できない」ことによって

徐々に黒ずんでいくという、原因自体は解明されているものでもあります。

 

加齢によって、その原因が増えていくことに注目すべき問題なのです。

 

パーツが黒ずんでいく主な要因

 

まず前提として、垢が溜まりやすい場所としては

「くぼみ」や「凹凸」がある場所を挙げることができます。

 

「くぼみ」というのは、大きくへこんでいる部分だけでなく

「シワとシワの間」といった、極めて小さなくぼみも含むことになります。

 

「肘」「膝」「脇の下」といった「関節部」に、垢が溜まりやすい理由と言えます。

 

そもそも肌の表面自体は、細胞と細胞のくぼみがあるものであり

いかなる場所であっても、放っておくことで黒ずむのは当然のことです。

 

特に自分で見ることができない「耳の裏」等は

  • ケア(洗浄)ができない・見落としがち
  • 基本的にしわが多い

 

ということで、垢が溜まるには十分すぎる条件です。

 

そして、年をとることで

  • シワが増える(蓄積する場所)
  • 肌がはがれやすい(蓄積するもの)

 

という、2つの要因が増えることによって

黒ずむリスクは、格段に上昇することになります。

 

徐々に黒ずみや状況になっていく

 

加齢による「シワ」と「たるみ」は、皮脂や垢といった

黒ずみとなる「舞台」を増やすことになります。

 

非常に物理的な要因であり、分かりやすいものですが

大切なことは、「顔」だけでなく「体のあらゆる部分」で発生するものです。

 

「垂れたバストの裏」等も、要注意になります。

 

更に「お尻の裏」といった、見えない(見たくない)部分に関しても

非常に注意が必要であり、柔らかい部分こそたるみやすいという原則があります。

 

黒ずみを作るものも増えていく

 

また、皮膚に元気がない・元気な皮膚が作れないことによって

表皮が脆い・剥がれやすい状態になっていることで、垢(老廃物)自体が増加することになります。

 

剥がれた皮膚や、常に分泌される皮脂が汗で合わさりこねられることで「垢」は誕生します。

 

肌が劣化するということは、「垢の材料」が増えていくことでもあるのです。

 

「メラニン」による「本当の色素」のリスクも増えていく

 

冒頭で「黒ずみは物理的な問題」としましたが

もう1つ考えられる、沈着している黒ずみの要因としては

「メラニン」によって体の中から発生している黒ずみである可能性も考えられます。

 

黒ずみによる色素は「シミ」となってしまうことも

 

メラニンとは、肌が刺激を受けた際「肌の奥の組織」を守るために分泌されます。

 

刺激とは「紫外線」だけでなく、物理的な「打撲」や「擦り傷」等も含まれます。

 

転んで怪我をした幹部や、パソコンのマウスを使う際にこする部分が

後々黒ずんでくるのも、短期的・継続的に刺激を受けたことが原因です。

 

そして女性において最も注意すべき部分が、「脇の下」を中心とした、デリケート部分であり

ムダ毛処理の際の「カミソリ負け」が、原因となっているケースが非常に多いのです。

 

当然のことながら、処理をした回数が多いほど刺激を受けており

若い時期よりも、年をとるほどに黒ずんでいくことは当たり前の現象と言えます。

 

誰もがケアしなければならないもの

 

以上、体の外からの要因・体の内部からの要因を解説しましたが

自分の黒ずみはどのタイプなのだろうか?と考えることと同時に

ある程度の年齢を経ていれば、「どちらか」ではなく「両方」であると想定しましょう。

 

両方に対する対処が必要になります。

 

もちろん、日々の入浴・シャワー(洗浄)は基礎中の基礎であり

更に、リスクが増えることが避けられないのであれば

改善策に関しても、より特別なアプローチで働きかけることが必要になります。

「ミドリムシ」からできてる?「ユーグレナ」の効果とは~酵素?化粧品?なんでもありな効能は本当?~

ひと昔前であれば、「ミドリムシ」と聞いてまず想像することは

<理科の授業に出てくる小さい成分>といったものに過ぎませんでした。

 

またその存在自体を、忘れている人も珍しくはないものでもありました。

 

しかしながら、そういったことはすでに過去の話であり

現在では、ミドリムシといえば・・・「ユーグレナの原材料」という

<美容成分を作り出す成分>という、イメージを持っている方も多いと思われます。

 

そもそも「ユーグレナ」とは、ユーグレナ配合アイテムの販売

 

だけでなく、

 

地球規模で、いわゆる「エコ」に関わるビジネスを展開する

「株式会社ユーグレナ」が開発した、ミドリムシ由来の成分になります。

 

今となっては「ユーグレナアイテム」を、販売する会社は多数存在しますが

もともとは、いわゆる「バイオベンチャー」の会社が開発(発見・抽出)した成分になります。

 

急激な株価の上昇によって、株式市場でも注目を浴びましたが

その理由というのが、まさにユーグレナを含む商品の開発・販売になります。

 

ユーグレナは、新発見(開発)且つ1つのブームとなり

その効果は、まさに「万能」というに相応しく

  • 健康
  • ダイエット
  • デトックス
  • 美肌

 

様々な対象への有効性が、メディア等で紹介されることになります。

 

しかしながら、これだけアイテムが急激に増えていると

 

「ブームを仕掛けられている」

 

「胡散臭い」

 

といったイメージを、持たれる方も多いかもしれませんが

その会社の成り立ちや、経営者・開発者の姿勢を知ることで

いかにミドリムシの可能性を信じて、研究が進められたかが分かるものであり

そういった部分がメディアに注目されたことで、有名になった成分でもあります。

 

そもそも「ユーグレナ」とは?

 

会社史や株の話は、とりあえずおいておき

まずは<ユーグレナとは>について、簡単に解説します。

 

これほどまでに、一体どうやって作っているの?本当に効くの?といった疑問の沸く

成分は珍しいものであり、そういったことが不安につながっている方も多いと思われます。

 

ユーグレナとは・・・「バイオテクノロジー」で生み出された成分です。

 

と聞いても、どうやって?となってしましますが

 

そこまでには、当然長い年月と技術が集約されおり

とても1ページでは語ることのできない<科学の力で抽出された>自然由来の成分です。

 

そして、知っておいていただきたいことは

その技術・働きというのは、実は<美容>を目的として開発されたものではありません。

 

「ユーグレナ配合の美容アイテム」というのは

あくまで<技術の副産物>と、言ってもいいものであり

ユーグレナ本来の大きな力というのは、地球規模の「環境問題の解決」

また「飢餓問題の解消」といった目的で利用されています。

 

単なる健康食品、単なる美容成分ではなく、非常に壮大な成分なのです。

 

また<美容アイテムはおまけ>とは言っても、もちろんしっかり製造されているものであり

最先端の科学を応用することで、非常に大きな効果を持つ評判のアイテムも多くなっています。

 

万能な存在と言える理由

 

ユーグレナが<万能>とされる理由、

それは「あらゆる効果を持った栄養素が詰まっている」ということであり

ユーグレナとは、<成分>というよりも、そういった<存在>と言えるものです。

 

そもそも、ミドリムシ自体が「植物」と「動物」の両方の特徴を合わせ持っており

非常に多くの成分が凝縮された、まさに<1つの宇宙>と言える存在なのです。

 

いわゆる「スーパーフード」の1つと言えますが、極めて小さな生物であり

1匹食べただけでは、十分な効果を得ることができないことは理解されるはずです。

 

ユーグレナが配合されている「サプリ」といったアイテムは

基本的には、抽出物から生成された成分が配合されていますが

そもそもユーグレナは「吸収しやすい成分」であり<効果の恩恵を受けやすい>のです。

 

まだまだ謎に包まれている成分でもある

 

ただし、忘れてはならないことが

 

<ユーグレナ自体は素晴らしい成分だが、特定の美容目的のための成分ではない>

 

ということです。

 

例えば「乳酸菌飲料」であれば、<腸内環境の改善>という目的があり

「美白化粧品」であれば、<メラニンの解消>を目的とした成分が配合されています。

 

しかしながら、ユーグレナアイテムというのは

<ユーグレナが持つ多彩なポテンシャル>を利用した結果になります。

 

  • <保湿効果>による「美肌効果」
  • <代謝機能>につながることによる「ダイエット効果」
  • <デトックス効果>による「便秘解消」

 

<何でもできちゃうから、何にでも利用されているにすぎない>とも言えるのです。

 

画期的な成分であることには変わりない

 

ユーグレナが、今までの美容ブームに関わる新成分と異なることとして

「科学的な根拠」といったものが、最初から提示されていることです。

 

<十分な開示>が不可欠な時代、ということもありますが

やはり世界的に認められた成分であり、<価値がある>ということは確かなことなのです。

 

もちろん、あらゆる成分・商品に対して「全幅の信頼」を置くことは危険ですが

選択肢の1つとしてユーグレナアイテムは、ぜひおすすめできるものであり

試したことがないということであれば、ぜひ一度は試すべきと言えます。