老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」の症状と原因~「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」との違いは?~

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」という症状は名前も難しく

聞いたことのない方も多いと思われます。

 

おおよその予想はつくと思われますが、健康な皮膚を保つための

皮膚内の組織が減少している症状を指すものであり

「見た目」だけでなく、様々な面で弊害が起きることになります。

 

また、似た名称に「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」と呼ばれるものがあり

こちらに関しても、骨の密度が少なくなる(いわゆるスカスカ)ことで

「骨折」等のトラブルを、起こしやすくなる症状です。

 

皮膚粗鬆症に関しても、皮膚内で同じことが起きており

いずれも「女性ホルモンの減少」が、主な要因となる症状であり

ある程度は避けられないものになりますが、美容・健康を保つうえで

できるだけ対策をしいきたいものであることも、変わりありません。

 

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」の症状

 

皮膚粗鬆症は、具体的には主に「コラーゲン質」が減少していることで

まずは、コラーゲンの主な働きである「保湿能力」の絶対量が衰えることになります。

 

加えて、似た働きを成している「セラミド」「ヒアルロン酸」に関しても

減少している状態であり、肌が乾燥することで

  • シワ
  • たるみ

 

といった、典型的な症状が発生します。

 

いわゆる「ハリ」と呼ばれる<弾力性>を保てなくなるのです。

 

非常に重い症状と考えるべき

 

「肌の劣化」と聞くと、珍しくはない・ありきたりな症状になりますが

皮膚粗鬆症は、あえて<一線を越えた対処すべき症状>として

「疾患」として、認められている症状になります。

 

症状が進行することで「深在性解離性血腫 」と呼ばれる

<皮下出血>を起こすこともあり、そこまで行きつく前に

本格的な改善アプローチを施す必要があります。

 

体内と外部からの改善が必要

 

失われていくことが避けられないものはまずは、

やはり<外部>から与える必要があります。

 

それに加えて、内側からのアプローチも欠かせないものになります。

  • 体の内側からの根本的な改善苦
  • 外側からの応急処置・根本的な改善策のサポート

 

これらを、同時に行っていくことが理想的です。

 

内側からのアプローチに関しては、

「セラミド」「コラーゲン」となる栄養素の摂取と同時に

減少する女性ホルモンを補う、という考え方も必要になります。

 

また、外側からのアプローチとして

現実的には、今まで使用してきたスキンケアアイテムよりも

「より効果の高いもの」を見つけ出し、試してく必要があります。

 

肌にとって必要な成分の質・量は、年をおうごとに変わるものであり

基本的には、量・質共に「より多く、高く」なるのは仕方がないことでもあります。

 

「皮膚掻痒症(ひふそようしょう)」とは

 

「皮膚掻痒症(ひふそようしょう)」に関しても

それほど広くは知られていない症状であり

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」と非常に似た名称ですが

その症状は異なるものであり、「痒み」を伴う疾患になります。

 

特徴としては「湿疹」「かぶれ」といった症状が見られないにも関わらず

<痒い>という感覚が発生する症状であり、「掻きむしる」等の二次被害のリスクが想定されます。

 

  • 弱い痒みが継続するケース
  • 強い痒みが短期的に襲ってくるケース

 

2つのパターンの症状が、現れることが多いようです。

 

また、妊娠中にのみ症状が見られる「妊娠掻痒症」といったものもあり

皮膚粗鬆症と同じく「女性ホルモン(性ホルモン)」も、関わっていると考えられます。

 

皮膚の乾燥が根本要因

 

この皮膚粗鬆症の症状に関しても、肌が乾燥していることで起きやすく

「お風呂あがり」といったタイミングで現れやすいものでもあります。

 

慢性的に肌が乾燥している状態であれば、よりリスクが高くなると考えられます。

 

また内臓に関する疾患、特に「代謝」が関わる器官のトラブルによっても

発生することのある症状でもあり、

  • 腎臓
  • 甲状腺
  • リンパ腺
  • 前立腺

 

特にこれらに対して、何らかの不具合が現れた際や

また処方箋の服用による、「副作用」としても、現れることがあります。

 

そのため、「体内のめぐり」に関しても、無視でない要素と言えます。

 

「皮膚掻痒症(ひふそようしょう)」の改善

 

皮膚掻痒症は、単なる乾燥によって痒いのか

乾燥を伴う疾患(皮膚掻痒症)なのかは、判断が難しいものですが

ワセリン・保湿クリーム類の、物理的な「塗布」によって改善を目指すことになります。

 

また、痒みを発生する素である「ヒスタミン」を抑えるための

「抗ヒスタミン薬」は用いられることもあります。

 

加えて、「漢方薬」による対処も一般的であり

やはり<めぐり>の改善が、重要な要素と言えます。

 

何といっても「乾燥状態」という、根本的な要因を改善することが重要であり

その状態が改善しなければ、本当の克服とはなりません。

「肝斑」と「シミ・そばかす」は何が違うの?見分け方は?~その対策と解消法~

年をとるごとに増え・濃くなってくる「シミ」「そばかす」と非常に似た

肌トラブルである「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる症状に悩まされている女性は多いはずです。

 

同じく、肌の表面に現れる「周囲とは違う色」であり

メイクで隠せる程度であれば、日常生活では何とか納得できるかもしれませんが

一般的な化粧では隠せない濃さや、範囲の場合には深刻なケースとなります。

 

実際にあらゆる面で、シミ・そばかすと似ていることが特徴ですが

生成メカニズム・原因はわずかに異なり、それぞれに適切な予防法・改善策があります。

 

重なる原因と異なる原因

 

まず、肝斑は「ほほ骨」や「鼻の下」に見られることが多く「左右対称」であり

季節や日によって、薄くなったり・濃くなったりすることが特徴です。

 

また、局部的に「小さなほくろ」に見える場合もあります。

 

女性ホルモンの乱れ・減少・が招く肝斑

 

肝斑は30代から増加し始め、40代になって顕著になることが多く

この時期というのは、女性ホルモンの減少・乱れが起き始めるタイミングです。

 

自律神経・内分泌系の機能が、<狂い>始める時期とも言えます。

 

シミ・そばかすは、排卵後~生理前の「プロゲステロン」が増加する時期に

発生しやすく、この繰り返しによって沈着・定着していきます。

 

プロゲステロンとは・・・

 

妊娠した際・それ以降のために、体に各種栄養を留めておくためのホルモンであり

この時期には、

  • 太りやすい
  • むくみやすい
  • 便秘になりやすい

 

といった、あらゆるものが「溜まりやすい」状態に体が変化します。

 

排出機能を中心として、新陳代謝機能が低下するため

それによって、メラニンの排出が抑制され、シミ・そばかすが増えることになります。

 

そういった意味では、いずれも女性ホルモンが関わるものですが

肝斑の場合は「紫外線」等の外部的な要因による色素沈着というよりも

あくまで「内分泌系」の、何らかの異常によることの割合が多いとされます。

 

妊娠時や経産婦に発生することも多く、また「ピル」避妊薬や、ホルモン治療の経験など

「通常」ではないホルモンの変動があった際に、発生しやすいという特徴があります。

 

またその傾向は「遺伝」することも多く、これは「更年期障害」

女性ホルモンが関わる症状全般に、共通する特徴でもあります。

 

もちろん「ストレス」といったものに関しても、肌の調子を悪化させることはもとより
自律神経・ホルモン環境のへ悪影響を及ぼす要因であり、いずれにしても注意すべきです。

 

肝斑の対策と治療・改善法

 

加齢による女性ホルモンの減少にしても、

妊娠・出産による、女性ホルモンの変動にしても、

避けられない・仕方がないものであり、根本的な要因の回避は困難です。

 

しかしながら、肝斑というのはシミ・そばかすに比べ

「定着しっぱなし」ということが少ないという特徴もあります。

 

もちろんそのまま沈着し、更に濃くなっていくこともありますが

比較的、改善策が取りやすい・確率された症状でもあります。

 

改善策も重なる・異なる要素が多い

 

肝斑の治療は「トラネキサム酸」と呼ばれる

「プラスミン」と呼ばれる成分の働きを抑える

抗プラスミン作用を持った成分を、配合した内服薬を利用することになります。

 

プラスミンとは、メラノサイトを活性化させる内分泌成分であり

メラニンが色素を演出することは、シミ・そばかすと共通していることです。

 

また、シミ・そばかすと同じく

  • 活性酸素(老化物質)を抑制・解消する「ビタミンC」
  • 代謝機能のサポートとなる「L-システイン」

 

これらを併用することもあります。

 

一般的に入手できる、「トラネキサム酸」配合アイテムは非常に少ないことが現実であり

「デリケートゾーンケアアイテム」として販売されている、一部のみとなります。

 

自然に解消されることも

 

肝斑に悩まされている女性の中には、

「このままだったらどうしよう?」と不安になっている方も多いと思われます。

 

しかしながら、30代、40代と悩んでいた方でも

50代くらいに、正確には「閉経後」に自然と解消されることも多いようです。

 

そのため「何もしない方がいい」という意見もあります。

 

また「レーザー治療」にも、賛否両論があることが事実であり

「シミと同じようには消えない」という事実もあります。

 

しかしながら、なるべく早く・綺麗な時期を長くと考えるのであれば

医療機関に訪れる、もしくは特別なケアを始めることをおススメします。

老け顔を作ってしまう原因「シワ」「たるみ」~手遅れになる前に改善したい~

一般的にも、「加齢の証」と認識されているシワ・たるみは

それが増えることによって、実際の年齢を経ているの有無に限らず

<老けている>という印象を与えてしまう、最たる存在と言えます。

 

加齢によってシワ・たるみが増えてくることは、当たり前のことでもありますが

これらが現れ始める時期というのは、個人差のあるものでもあり

また<でき始めた>後は、その後に何もしないことで確実に増えていくしかないものでもあります。

 

またご高齢の「おばあさん」の中には、まさに「刻まれている」と言えるような

<深い>シワのある方も多く、「数」だけでなく「深さ」といったことも重要なものと言えます。

 

様々な種類・要因が存在するシワ

 

一言でシワと言って様々なものがあり

  • 目尻にできるいわゆる「小じわ」
  • 口のまわりにできる「ほうれい線」

 

また「おでこ」や「みけん」にもできやすいことが挙げられます。

 

基本的には、乾燥した肌から・肌が乾燥することで

細胞組織の間から水分が蒸発することによるものになりますが

「笑いジワ」と呼ばれる、「表情シワ」という言葉を聞いたことがあるように

なんらかの<きっかけの積み重ね>によるものになります。

 

表情シワに関して言えば、笑うことで口回りの組織が大きく動くこと

またそもそも、「しゃべる」ことの繰り返しは避けられないものです。

 

しかしながらシワが発生してしまう、最も大きな要因はやはり「紫外線」であり
それによる「紫外線シワ」こそ、全ての人にリスクのある要因と言えます。

 

作りこみ訴求

 

基本的に<全てを破壊する>紫外線

 

紫外線は、主にシミ・そばかすといった「色素」を発生させるものとしれ知られますが

その素となる「メラニン」が発生しているということは、肌がダメージを受けた証でもあります。

 

細胞が破壊されるということは、保湿能力も奪われることであり

何よりも水分の「蒸発」を招くこと、蒸発した弱い肌を作るものであり

紫外線とは何重にもなって、肌の劣化を招くものなのです。

 

「太陽に当たるほど老ける」というのは事実であり

紫外線は色素の分泌・沈着を生むと同時に、常にシワを作る・育てるものなのです。

 

増えすぎたシワが結果的に引き返せない「たるみ」となる

 

シワとたるみに関しては、別ものである側面もありますが

緩んだ・劣化した肌が<一気に崩れる>ことで、たるみは起こります。

 

たるんんでいる肌というのは、「ハリ」とは対極にある状態であり

ハリを失った肌はシワができやすく、シワが増えているということは

たるみが発生しやすい、正に「地盤が緩んだ状態」であると言えます。

 

目に見えてたるんでいる状態というのは、シワを超えて悪化した状態であり

面積が広ければ広いほどに、<手遅れ>となってしまうものです。

 

肌の保湿能力・ハリを取り戻すことで、シワを伸ばすことはできますが

重力に引っ張られてしまったものを、元の状態に戻すのは困難なことが現実です。

 

<ブルドック>のような、状態になってします前に必ず始めなければならないのです。

 

保湿が鍵となる最たるトラブル

 

シワは肌の乾燥が招くと同時に、肌の保湿能力の回復によって

早い段階で改善しやすい、改善が見えやすいものと言えます。

 

もともと顔面というのは、肌の組織が薄いものであり

だからこそ、少しの乾燥が<命取り>になるという側面があります。

 

一方で、だからこそ少ない労力でケアすることができるのです。

 

とは言っても、多ければ多いほど・深ければ深いほどに

改善が難しくなるものであり、これらは<発生以降>から時間が経つことで

基本的に進行してため、やはり「スピード」は非常に重要な要素と言えます。

老け顔を作ってしまう原因「クマ」~顔色が悪く見えてしまう~

「老け顔」を構成する要素・原因として、真っ先に挙がるものが「クマ」であり

老けて見えると同時に、「なんだか、調子悪そう」という印象を与えてしまう要素でもあります。

 

特に「目の下」に発生するクマは、美容・健康状態にとって

「悪い」と印象づけてしまう、非常に大きな要素と言えます。

 

いわゆる「顔色」の、大きな割合を担っているのは「血色」であり

肌が黒ずんでいる時点で、<鮮やかな肌色>とは、まさに正反対と言えます。

 

このクマは、年をとることによって

  • できやすくなる
  • 解消しづららくなる

 

といった特徴を持つ、<実際の加齢>に伴ってリスクが増えるものであり

クマが目立っていることで、年をとっているように見えることは事実と言えます。

 

「疲れ」と「汚れ」から来るクマは最初に解消しておく

 

クマができやすい条件として、最も典型的なものが「疲れ」であり

睡眠不足等によって、発生することは広く知られます。

 

またそれと同時に、「汚れ」という単純なものも疑われ

これらは、肌色を悪化させてしまうことになる典型的な要因と言えます。

 

しかしながら、こういったことは常識的なことであり

もちろん、加齢に付随する要因も多いものと言えます。

 

作りこみ訴求

 

「水分」が足りていないことによる肌色の悪化

 

上記した通り、クマは加齢と共にリスクが大きくなるものであり

その根本的な理由は、やはり肌中の「水分」が少なくなっていることです。

 

「ピチピチの肌」と「しわがれた肌」では、どちらが色味がいいかは想像しやすく

それは野菜といった、植物の<活きのよさ>と同じことなのです

 

また乾燥した肌というのは、汚れがこびりつきやすい状態と言え

つまり、年齢に関わらず<老けて見える人>というのは

いずれにしても、保湿がうまくいっていない可能性があります。

 

血流の悪化による肌色の悪化

 

更に、肌色が悪化してしまう根本的な要因として

患部になっている場所の、「血流」が悪化していることが考えられます。

 

<血色>というほどに、肌の色というのは血液の色であり

その流れがスムーズなほどに、常に健康的な色を保つことができるのです。

 

クマが「健康状態」を反映するというのは

この血液の状態を反映することからも、確かなことと言えます。

 

結局は「細胞」の元気を取り戻すことが必要

 

特に顔というのは、常に外気に触れている面積であり

「表情」を作ることからも、劣化・消耗が激しいのは当たり前なのです。

 

加えて、<肌が薄い>という特徴を持った部分であり

ひじ・ひざと並び、非常に劣化を体現しやすい場所と言えます。

 

この各所パーツの<劣化>というのは、結局はそのパーツを構成している部分の

「細胞」が劣化することで、保湿能力を含め様々な能力が減少することになります。

 

その結果として、クマをはじめとした老け顔の要素が増大していくのです。

 

自力で「成長」することは基本的にはない

 

人間の体というのは、十代の後半には様々な部分の成長が完了し

20歳前後に「成熟」のピークをつけ、20代の中頃から劣化し始めます。

 

肌の再生・成長細胞である、「グロースファクター」に関しては

20代の前半から、すでに減少が始まっていることが分かっています。

 

当然のことながら、肌に関する美的な要素に関しても減少することになります。

 

グロースファクターとは、<新しい細胞を生む細胞>でもあり

その細胞が減少してしまうことで、<綺麗な>細胞を作ることが難しくなります。

 

生きている限りは、常に細胞分裂を繰り返している体も

このグロースファクターだけは、新たに作り出すことが難しくなります。

 

内部で作る能力を失ってしまったものは、外部から取り入れることが必要であり

当サイトでも紹介している、「グロースファクター配合アイテム」

非常に画期的であり、本来であれば<20代から>の利用をおすすめしたいアイテムなのです。