老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

老け顔のトータルケアにはこの一本!

スキンケア訴求

「抗酸化成分」と「グロースファクター」で<活性酵素>を除去して衰えた肌にハリとツヤを取り戻す

「アンチエイジング」の話題の中には、必ず「活性酸素」という言葉が出てきます。

 

この活性酸素こそが、「老ける・老いる」要因であり

活性酸素を除去する、そもそも「余計に」発生させないことが

アンチエイジング本来の、根本的なコンセプトになります。

 

しかしながら、この活性酸素がなければ<生きていけない>ため

「いかにコントロールするか」が、カギとなるものでもあります。

 

また「老化」とは、基本的には「年齢」に伴うものであり

基本的なことは、誰もが抗うことができないものでもあります。

 

そして、それを体に現わしているものが<細胞>の劣化であり

1つ1つの細胞の劣化によって、体全体が衰えていくことになります。

 

筋肉の細胞が衰えていくことで、基本的な「筋力」が衰え

また筋トレの効果も、なかなか現れないことになります。

 

更に内臓の細胞の劣化は、「胃もたれ」等をもたらすものです。

そしてこと「肌」の劣化とは、「保湿機能」の劣化であり

肌中の水分が保てなくなることで、少なくなることによって

  • シワ
  • たるみ
  • 色素の沈着

 

といった、あらゆる問題が発生することになります。

 

しかしながら、ここで「細胞はどうして劣化するのか?」という

その結果ではなく、本質的な原因に関する疑問が浮かぶはずです。

 

そして<細胞を劣化させるもの>こそが、活性酸素という存在でもあります。

 

生きていれば必ず発生する活性酸素

 

活性酸素とは、そもそもは細胞を守るために発生するものです。

 

「紫外線」や「細菌」といった、外部からの刺激を軽減・除去し

正常な生命活動を維持するために欠かせないものです。

 

しかしながら、余計に発生してしまった(余ってしまった)場合には

細胞自体を傷つけて(酸化させて)しまうという側面があります。

 

この「錆び」と呼ばれる、細胞の酸化こそが老化・劣化の正体です。

 

活性酸素とは、<ガソリンの燃えカス>のような存在です。

 

細胞が活動することで発生するため、生きている限りは発生し続けるものです。

 

呼吸をするごとに発生し、食べ物を食べ消化・吸収・排泄するごとに発生します。

 

本来であれば、活性酸素は発生の後に解消するものですが

過剰に発生してしまった際、またうまく解消できない場合には

体内に残ってしまい、細胞を傷つけてしまう存在になります。

 

これは<錆びさせる>と表現されることもあり

主に、「食べ過ぎ」や「激しい運動」によって過剰分泌を招きます。

 

また「紫外線」といったものも、活性酸素を生む存在になります。

 

紫外線によって傷ついた細胞を守るために発生するメラニン色素に伴い

また修復の際にも、活性酸素はセットで発生します。

 

解消できなかった活性酸素が招くもの

 

細胞が劣化することで「乾燥」や「炎症」を起こしやすくなり

  • シワ
  • たるみ
  • シミ・そばかす

 

といった、様々な「美的マイナス要素」を生むことになります。

 

細胞1つ1つの「見映え」が悪くなることで

それらの集合体である、各パーツの見栄えも悪くなることは当然のことです。

 

活性酸素は、日々・常に発生し続けているものであり

「長く生きているほど老けている」というのは

「発生した活性酸素の量」も多いため、当たり前のことなのです。

 

「活性酸素から体を守る」ために発生するマイナス要因も

活性酸素が影響する、典型的な例として「シミ」があります。

 

シミは紫外線の刺激によって、メラニンが発生することでできることが知られますが

しかしその前に、メラニンが発生するきっかけとなるものとして

紫外線を受けたことによって、まずは活性酸素が発生することになります。

 

そしてその過程で、余計に発生してしまった活性酸素から細胞を守るため

メラニンを分泌するという「もうワンクッション」が存在するのです。

 

こういったメカニズムは、紫外線→シミだけでなく

体のあらゆる部分・要素で日々起きていることになります。

 

「発生させない」よりも、「減らす・除去する」ことが大切であり

活性酸素からの悪影響を防ぐには、まずは余計な活性酸素を発生させないことです。

 

活性酸素を除去するための「抗酸化」

 

しかしながら、本来は必要なものでもあるため

「発生」をコントロールすることは困難であることが現実です。

 

余計に発生させることを防ぐためには「できることだけ」を意識しましょう。

 

紫外線を防ぐ(クリーム等で保護する)ことから

「動物性脂質」を控えるといったことが主になります。

 

「消化」に関しても、活性酸素を発生させる要因であり

消化に悪いものというのは、その分余計な活性酸素のリスクが高まります。

 

もちろん、「飲酒」や「喫煙」は言うまでもありません。

 

そして活性酸素に対して、最も重要なアプローチが「除去する」という段階です。

 

これは<抗酸化>と呼ばれるコンセプト・アプローチになります。

 

余計な活性酸素を解消することが、本当の意味でアンチエイジングであり

そのための基礎的な手段としては、<抗酸化成分の摂取>が挙げられます。

  • 代表的な
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • リコピン

 

といった成分は、比較的手軽に摂取できるため

こういった栄養素を含む食事を、日々の生活に取り入れることが

まずは手軽なアンチエイジングとして、実践すべきものと言えます。

 

基本的には「食事」を中心として「抗酸化成分」を摂取することで

体の中の事情は、体の中から解決していくことを心がけます。

 

抗酸化成分としては「ビタミンC」や「ビタミンE」が有名であり

その他にも「ポリフェノール」「リコピン」や

「エコンザイムQ10」といったものも注目されています。

 

主に「酸っぱい」「酸味のある」ものに含まれ

  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ類

 

といったものに多いことは、広く知られています。

 

ただし、これらの中には消化に悪いもの存在するため

食べ過ぎることで、活性酸素を余計に招いてしまうこともあるため注意が必要です。

 

この活性酸素を減らして、老化を防ぐためのアイテムとしては

「酵素ドリンク」や「水素」といったものがあり

抗酸化を目的としたアプローチは、日々研究が重ねられています。

 

特に「足りていないかな?」と思う場合や、食生活の改善によっても

なかなか効果が現れない場合には「サプリ」といったものもおすすめです。

 

「余計に発生させない」ということは「若返り」というよりは

「老けさせない」ことにすぎず、ここからが「若返りのスタート」になります。

 

やっと<戻るために>一歩進んだと言える段階なのです。

 

発生してしまった後は「グロースファクター」の活用も

 

発生している活性酸素に関しては、抗酸化成分によって解消できる一方で

すでに活性酸素によってすでにダメージを受けてしまった細胞は

抗酸化成分を摂取したからといって、元の状態に戻るわけではありません。

 

もちろん、美容のために摂取すべきとは言えますが

根本的な<修復>に関しては、なかなか期待できないものでもあります。

 

そして、そんな時にこそ「グロースファクター」を利用すべきなのです。

 

グリースファクターとは、衰えてしまった細胞を

  • 新しい・元気な細胞を作り出せるようにする(再生)
  • 育てる(成長)

 

といった、根本的な毛を目的に利用できるものであり

肌だけでなく、髪・骨等の様々な器官に利用され始めている成分でもあります。

 

ことスキンケアを目的とするのであれば、「グロースファクター配合美容液」

ぜひおすすめしたいものであり、アンチエイジング生活に加えて欲しい強力な味方と言えます。

 

グロースファクターに関する詳しい解説ページへ

 

この記事に関連する記事一覧