老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

老け顔のトータルケアにはこの一本!

スキンケア訴求

女性ホルモンを増やす方法・食材・栄養素と生活習慣のまとめ

「若いとは言えない」女性に関する、美容の話題を語る際には

「女性ホルモン」という要素を避けることはできません。

 

女性ホルモンは、「中年以降」それ以前から徐々に体に現れる

様々なトラブルの、その症状全てに影響すると言っても過言ではない

あらゆる「負の問題」の要因となってくる要素です。

 

言うまでもなく、女性ホルモンとは「女性らしさ」に関する

様々な要素を、体に現わすための内分泌物資です。

 

肌の保湿能力の低下、それに伴う数々のトラブル

これらの加齢に伴う「美的要素の喪失」の根本要因は

<女性ホルモンの減少>であり、美容だけなく健康面に関しても

一定の年齢を過ぎた後に現れる問題は、全て「性ホルモン」が握っていると言えます。

 

「生理」や「妊娠」といった、究極の機能を支えている物質であり

「髪」や「爪」の「ハリ」「ツヤ」にも、非常に大きく影響を及ぼします。

 

この現象自体は、「ある程度は避けられない」ものでもあり

いくら騒いだところで、<年をとるとはそういうこと>とも言えます。

 

しかしながら、

 

とはいっても、

 

少しでも「美しさの素を保ちたい」「ケア楽にしたい」と考えた際には

やはり、女性ホルモンの減少をくいとめる・できれば増やすことが

最も効果的なアプローチであることには違いなく

「減って当たり前」という姿勢から、できるだけ工夫・改善をしてくことが大切です。

 

また、「男性ホルモン」を含めて「性ホルモン」とも呼び

「自律神経」への影響も及ぼし、「更年期障害」と呼ばれる

一定の年齢・ホルモンの減少が招く、健康トラブルを引き起こすものでもあります。

 

20代で始まっている女性ホルモンの現sy9応

 

女性ホルモンの分泌が、最も活発な時期は「20代前半」と考えられており

10代半ばから活発になり「20~22歳」でピークを迎えます。

 

つまり、20代半ばにはすでに減少が始まっているのです。

 

よく言われている「30歳はお肌の曲がり角」は間違いなのです。

 

女性ホルモンが減少していく要因

 

女性ホルモンが減少する原因としては

「体の機能の低下」がベースにあることはもちろんのこと

「閉経」が近づくことで、徐々に体は女性としての機能を減らしていきます。

 

あくまでそれに付随する症状として、髪が傷みやすくなったり

肌荒れが起こりやすくなったり、という弊害が現れます。

 

つまり、正常な・当たり前の体の反応でもあるのです。

 

人く知られている話ではありますが、女性は生まれる前から

母親のおなかにいた時点で、生涯排出することができる

「卵子」の量が決まっており、それも全てを正常に排出できるわけではありません。

 

その残された卵子の量が、減少してくるにつれ

「妊娠する可能性」も減少することになり

それに合わせて、徐々に分泌量を低下させていきます。

 

出産を経験した女性は、「一気に老ける」というイメージがありますが

実際には、一時的なものや「育児疲れ」である場合も多く

「出産しても綺麗」な女性は珍しくありません。

 

より女性らしくなったという方も多いはずです。

 

また、複数回の出産経験がある女性は

「もっと産むのでは?」と体が判断することで

女性ホルモンの減少が緩やかになる、という現象も実際にあるようです。

 

そのため、出産経験が多い女性ほど閉経が遅く

それに伴い更年期障害が訪れる時期も遅れ、また症状が「軽い」とされています。

 

「恋をすると綺麗になる」といったことも、信憑性の高いものであり

その理由はもちろん、女性ホルモンの分泌が活発になるためです。

 

「曲がり角」は避けることができない しかしながら、個人差はあるにせよ

この女性ホルモンの減少は避けることができません。

 

そして、「いつまでも若さを保ちたい」という願いは

この女性ホルモンの「減少量」との闘いになります。

 

そういった働きかけは、昨今では「アンチエイジング」と呼ばれており

様々な方法が常に考えられ、自分が信じたものを実践しているという人も多いと思います。

 

また化粧品や「メイク術」といった、外部からの「物理的な」アプローチによって

できるだけ若く「見せる」ために努力している女性も多いはずです。

 

というよりも、そういったアイテムは

「ここから」が本当の効果を試されるものでもあります。

 

あらゆる対策を実践するしかない

 

女性ホルモンの減少に対する対策は

「体の中から」と「体の外から」の、その両方が必要であり

どちらかだけでは「どうにかならない」時期が必ずやってきます。

 

また「中と外両方から」のアプローチである「食事」に関して

その内容を見直すことは、最も最初に取りかかるべき要素になります。

 

こういったアプローチは、無限に存在しますが

「高級健康食品」や「エステ」といった、経済的に難しいこともあります。

だからこそ、「できること」は全て実践していくという姿勢が大切です。

 

性ホルモンの分泌も食事が大きな鍵を握っている

 

性ホルモンに限ったことではありませんが、

体の中で分泌されているものは、目には見えないものです。

 

そのため、どれだけ減っていて・どれだけ改善しているということは分かりません。

 

しかしながら、それでも働きかけなければならないものであり

できることというのは「目的にとっていいものを取り入れる」ことであり

 

そのためには、食事にとって摂取する「栄養素」が何より重要になります。

 

「ホルモンの素」となる成分を摂取する

 

何はともあれ、特定の要素に関する改善をしたいのであれば

その要素に「ピンポイント」で効果にあるもの・成分を取り入れることが大切です。

 

  • <骨>を強化したいのであれば「カルシウム」
  • <お腹の調子>を整えるのであれば「乳酸菌」

 

そして、こと女性ホルモンに関して言えば

やはり「女性ホルモン成分」を、摂取することが効果的です。

 

女性ホルモン成分とは、主に「植物性エストロゲン」を指すものであり

「豆腐」を代表とした「大豆製品」がに含まれることは、今となっては常識的です。

 

「豆乳」といったものは、一時期ブームになっており

実際に食卓に取り入れている女性も多いと思われます。

 

この他にも植物性エストロゲンを中心とした

女性ホルモン成分を含んだ食材としては

  • ザクロ
  • キャベツ
  • アボカド
  • ナッツ類

 

といったものが挙げられ、これらはホルモン成分を直接含んでいないにしても

体内で代謝されることによって、女性ホルモンを維持する・増やす働きがあります。

 

「卵」といった、非常にありふれた食材にも

意外に大きな効果を持っており、できるだけ毎日食べたいものです。

 

また基本的に「生食(火を通さない)」がより効果的です。

 

しかしながら、「一般的な食材」から摂取することは難しいながらも

これら以外にも、女性ホルモンにとって有効な栄養素が存在します。

 

「大豆イソフラボン」以外も摂取するべき

 

「植物性エストロゲン=大豆イソフラボン」とイメージする方が多く

それ以外には知られていないことも多いですが

女性ホルモン成分というのは、他にもたくさんあります。

 

しかしながら、一般的な食生活の中では十分な量が摂取できないことが現実です。

 

そのため、女性ホルモン成分を効率的・お手軽に摂取するためには

「更年期障害対策サプリ」の利用がおすすめになります。



 

自律神経の安定が最も大きな恩恵

 

更年期障害対策サプリには、女性ホルモン成分はもちろん

「自律神経」を落ち着かせるための成分が含まれます。

 

自律神経と性ホルモンは、互いに非常に密接な関係にあり

どちらかが崩れれば、どちらかが崩れ

そちらかを改善すれば、どちらかも改善していくという関係です。

 

そもそも自律神経とは、体の機能の全般を支配している「司令塔」であり

多くの体調・美容トラブルの根源は、自律神経の乱れでもあります。

 

だからこそ自律神経を正常に保つことは、美容にとっても根本的な改善策と言えるのです。

 

この記事に関連する記事一覧