老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

老け顔の肌を作る特徴的な現象・根本原因とは

老け顔を作る根本要因が、まさに「加齢」であることには違いありません。

 

しかしながら、その加齢という要素が

どんな役割を果たすことによって「老け」を肌に表現しているのか?

 

加齢による肌の劣化の正体が一体何なのか?を考えた際には

やはり「水分量」というキーワードを、欠かすことができません。

 

<加齢による肌の劣化>というのは、

<肌から水分が失われている>ことそのものであり

 

  • 肌の乾燥
  • 保湿能力の劣化

 

様々な言い方がありますが、水分を失った肌というのは

自然と老けて見える、衰えて当たり前なのです。

 

潤いを失った肌が、劣化していく様子というのは

様々なケースが想定されますが、ここでは代表的な肌トラブルの

「連鎖」の仕組みについて、簡単に解説しておきます。

 

「弾力(ハリ)」がなくなることで「たるみ」が生じる

 

まずは、肌から水分が失われることで

いわゆる<ピンと張る力>が、失われることになります。

 

水分量を保つことで、「ピチピチ」することができていた肌から

水分が失われるということは、「緊張」が解けてしまうということであり

弾力・ハリが失われていってしまうことは、当然のことです。

 

水分というのは、細胞と細胞の間から失われるものであり

水分(緊張)が失われた緩んだ細胞は、まだ元気な細胞に引き寄せられ

特定の方向に偏いながら、身を寄せ合うことになります。

 

そうすることで、更に隙間が空くことになり

その隙間を作る「溝」こそが、「シワ」の正体でもあります。

 

更に、「紫外線」をはじめとした、外部からの刺激によっても

「光老化」と呼ばれる、劣化現象が進行することになります。

 

  • 乾燥(水分の蒸発)
  • 紫外線
  • 表情の積み重ね

 

これらは、生きいくうえで避けられないものと言えますが

その進行状況というのは、毎日に刺激量・ケアの度合いによって

大きく左右されるものであり、もちろん<老け顔>のレベルにも影響を与えます。

 

「シワ」と「たるみ」は基本的には同じもの

 

シワとたるみは、異なる問題として考えている方は多いかもしれませんが

その基本的な原理というのは、ほとんどが同じものであり

細胞1つ1つの劣化による、肌のゆるみになります。

 

水分を失うことで、緩んでいく細胞の

<ゆるみの方向>が同じことで、「たるみ」が形成されます。

 

たるみが起きる際に生じる「くぼみ」とは

<大きなシワ>と考えることもできます。

 

基本的には「重力」に引っ張られることになり

  • まぶた

 

といった部分がたるむことで、まるで「ブルドッグ」のような

顔全体が<下に溶けたように>なってしまうイメージは、想像しやすいと思われます。

 

「小じわ」と呼ばれるような、<小さなシワ>が多いほどに

肌全体がゆるみである、<大きなたるみ>が生じる可能性が高まるとも考えられます。

 

肌のゆるみは「毛穴」を生み出すことになる

 

そして、肌が緩んでいる(細胞と細胞の間に隙間ができている)ということは

「毛穴」が目立ちやすくなっている状況と言えます。

 

毛穴を目立たさない(ないように見せる)ためには

<キュッとしまった肌>が必要であり、緩んだ肌はまさに真逆の状態と言えます。

 

「バリア」がなくなることで「色素」が濃くなる

 

そして、シワ・たるみと同じくらい老け顔を形作る要素として

「シミ・そばかす」を代表とした、極地的な色素の沈着と

全体的な肌の「黒ずみ」を挙げることができます。

 

シミ・そばかすが発生してしまう原因に関しては

女性であれば、また女性でなくとも広く知られているはずであり

言うまでもなく、<メラニンの仕業>になります。

 

しかしながら、なんだか顔色が悪く見える

「黒ずみ」に関しても、メラニン色素の仕業であることは

もしかしたら、ご存じの方は少ないかもしれません。

 

あらゆる・幅広い「刺激」がメラニンを発生させる

 

シミ・そばかすを発生させる<メラニン>

 

そのメラニンを発生させる要因としては

<紫外線>が、最も有名なものであると言えます。

 

刺激を受けることで、活性酸素が発生し

それによって<肌を守るための反応>のスイッチが入り

 

活性酸素を除去するために、メラニンが発生し

役目を終えたメラニンが、うまく排出されなかった際に

シミ・そばかすという形で、肌の奥に沈着することになります。

 

しかしながら、紫外線という<刺激>は

幅広く存在する刺激の、1つに過ぎないものであり

衣服による「摩擦」にしても、また<空気の乾燥>にしても

肌にとっては、刺激として受け取られてしまうものと言えるのです。

 

そのため、黒ずみのリスクというのは

生きている限り、常に存在するものと言えるのです。

 

実は「汚れ」ではないかもしれない

 

色素の沈着の形というのは、必ずしもシミ・そばかすのように

分かりやすいものとしてではなく、<うっすらと色づく>こともあります。

 

そのため、今までは「汚れ」だと思いこんでいたものが

メラニンによる色素の沈着でだった、という例は珍しいことではありません。

 

<肘・膝の黒ずみ>といったものは、その典型的なものであり

濃淡・範囲に関わらず、刺激・メラニン・黒ずみはセットなのです。

 

水分とは<肌を強く保つ>ためにも必要な要素

 

以上のトラブルは、全て<肌に水分があれば軽減できた>ものと言えます。

 

ただ<肌中の水分量が少なくなった>というだけで

あらゆる肌トラブルのリスクが上昇し、それによって老け顔が形成されていきます。

 

いずれにしても、<顔面>という部分は常に露出しており

最も乾燥(水分の蒸発)や紫外線といった、刺激を受け続ける場所です。

 

また改善している最中にも、ダメージは積み重なります。

 

そのため、これら1つ1つのトラブルを解決していくことよりも

<一気に・全体的に改善する>という考え方・アプローチは必要であり

そのためには、やはり<失った水分を取り戻す>こと

更に<水分を失いづらい肌を作る>ことが、重要であるという答えに行きつくのです。

 

保湿につながる<肌の再生>の鍵を握る「グロースファクター」とは