老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

老け顔を改善するためにおすすめの最新アイテム!

老け顔を加速させてしまう産後に増える「そばかす」濃くなる「シミ」を解消する

言うまでもなく、シミ・そばかすといった「色素」は

老け顔を作ってしまう大きな要素です。

 

そしてこれらは女性特有のイベント・ライフステージである

「妊娠(出産)」の過程において、リスクが上昇することが知られています。

 

出産後の悩みというのは、非常に多岐にわたりますが

<ボディラインの乱れ>と同時に、肌トラブルを引き起こすことが特徴です。

 

その中でも、やはりシミ・そばかすというのは

出産に伴って増えて・濃くなってしまう典型的な要素であり

今まで特に問題に思わなかった方でも、出産後に気になり始めることの多い

また、はるか昔から恒久的な「経産婦」の悩みでもあります。

 

やはり、妊娠~出産というイベントは

「女性としての力」を、フルに発揮するきっかけとなるものであり

ある意味で<急速な老化>を招く要因であることは、間違いありません。

 

一方で、出産経験の多い女性は「更年期障害」が軽い、という傾向が見られ

改めて女性ホルモンが関わる要素というのは、非常に奥が深いものと言えます。

 

定着してしまうと基本的には濃くなる

 

まず最初に、「一般的なシミ」に関しては

一度発生してしまった後は、<何もしなければ濃くなるだけ>と言えます。

 

これは、「シミの量」とも切り離して考えるべきであり

<そこにできたシミ>という存在は、加齢に伴って色素を増していきます。

 

更に妊娠によって発生するシミに関しても、一般的なシミとは切り離して考えるべきですが

妊娠~出産という時期はというのは、当然のことながら加齢と平行するものであり

  • 今まであった「一般的なシミ」が濃くなる
  • 「出産における典型的なシミ」が発生する

 

経産婦の女性に関しては、以上の2つの点から考えていかなければならないでのす。

 

<もとからあったリスク>が爆発する可能性も

 

産後のシミ・そばかすというのは、「肝斑(かんぱん)」である

もしくは似た性質を持つことが多く、基本的には女性ホルモンの変動の

影響によるものである要素も強く、<放っておいても徐々に薄くなる>という傾向もあります。

 

だからと言って油断してはなりませんが、本当に注意すべき色素の沈着とは

  • これから「本物のシミ」になろうとしている色素
  • すでに沈着を始めた色素

 

以上の2つと言えます。

 

まずは沈着を防ぐことから

 

冒頭に挙げたように、産後の体のトラブルというのは

<急速に老化したことにによるもの>とも、考えることができます。

 

しかしながら、基本的には老化した体(ホルモン)を

<巻き返す>働きというのは、自然と体の中で発生します。

 

半年~1年ほどかけて、女性ホルモンを「妊娠前」の状態に

戻そうとする働きと言えますが、ここで問題になることとして

<そのままでは完全に戻ることはない>ということです。

 

どこかしら、「そのまま」になってしまうことも多く

シミが薄くならない・濃くなっていく、という現象も含むものです。

 

巻き返しをスムーズにすること、巻き返しの速度を速めることが

まず最初にできることであり、ぜひ意識して欲しいと思います。

 

そして更に、出産に伴って発生した色を<定着させない>こと

沈着が加速してしまった<すでにあったシミ>への働きかけも重要です。

 

「子供を産んだらシミ(そばかす)が増えた」

感じている女性は多いかと思いますが、その色素は<すでにあった>可能性も高く

遅かれ早かれシミに(濃く)なっていた、とも考えられるのです。

 

シミの素とは、現在よりもずっと前にできて<潜んでいる>ものなのです。

 

発生してしまった後に必ずすべきこと

 

色素の沈着が始まってしまったシミに関しては

正直言って、そのままでは「濃くなるだけ」と言えます。

 

また一般的な「美白アイテム」というのは、あくまで「対策」であり

「日焼けどめ」を含めて、沈着を防ぐものなのです。

 

「芽」が生えないようにするためのアイテムと言えます。

 

そのため、できてしまったシミに関しては

全く効果がないとは言わないものの、期待する効果を得ることは難しいと言えます。

 

色素が沈着してしまった後は、色素の「分解(除去)」が必要であり

そのための効果を持ったアイテムの使用が必要と言えます。

 

大切なことは、

  • 今ある色素
  • これから定着しそうな色素
  • 発生しような色素

 

それぞれの段階に、同時に働きかけることであり

また一般的・日常的な美白ケアと、平行することも意識しましょう。

 

この記事に関連する記事一覧