老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

老け顔を作ってしまう原因「クマ」~顔色が悪く見えてしまう~

「老け顔」を構成する要素・原因として、真っ先に挙がるものが「クマ」であり

老けて見えると同時に、「なんだか、調子悪そう」という印象を与えてしまう要素でもあります。

 

特に「目の下」に発生するクマは、美容・健康状態にとって

「悪い」と印象づけてしまう、非常に大きな要素と言えます。

 

いわゆる「顔色」の、大きな割合を担っているのは「血色」であり

肌が黒ずんでいる時点で、<鮮やかな肌色>とは、まさに正反対と言えます。

 

このクマは、年をとることによって

  • できやすくなる
  • 解消しづららくなる

 

といった特徴を持つ、<実際の加齢>に伴ってリスクが増えるものであり

クマが目立っていることで、年をとっているように見えることは事実と言えます。

 

「疲れ」と「汚れ」から来るクマは最初に解消しておく

 

クマができやすい条件として、最も典型的なものが「疲れ」であり

睡眠不足等によって、発生することは広く知られます。

 

またそれと同時に、「汚れ」という単純なものも疑われ

これらは、肌色を悪化させてしまうことになる典型的な要因と言えます。

 

しかしながら、こういったことは常識的なことであり

もちろん、加齢に付随する要因も多いものと言えます。

 

作りこみ訴求

 

「水分」が足りていないことによる肌色の悪化

 

上記した通り、クマは加齢と共にリスクが大きくなるものであり

その根本的な理由は、やはり肌中の「水分」が少なくなっていることです。

 

「ピチピチの肌」と「しわがれた肌」では、どちらが色味がいいかは想像しやすく

それは野菜といった、植物の<活きのよさ>と同じことなのです

 

また乾燥した肌というのは、汚れがこびりつきやすい状態と言え

つまり、年齢に関わらず<老けて見える人>というのは

いずれにしても、保湿がうまくいっていない可能性があります。

 

血流の悪化による肌色の悪化

 

更に、肌色が悪化してしまう根本的な要因として

患部になっている場所の、「血流」が悪化していることが考えられます。

 

<血色>というほどに、肌の色というのは血液の色であり

その流れがスムーズなほどに、常に健康的な色を保つことができるのです。

 

クマが「健康状態」を反映するというのは

この血液の状態を反映することからも、確かなことと言えます。

 

結局は「細胞」の元気を取り戻すことが必要

 

特に顔というのは、常に外気に触れている面積であり

「表情」を作ることからも、劣化・消耗が激しいのは当たり前なのです。

 

加えて、<肌が薄い>という特徴を持った部分であり

ひじ・ひざと並び、非常に劣化を体現しやすい場所と言えます。

 

この各所パーツの<劣化>というのは、結局はそのパーツを構成している部分の

「細胞」が劣化することで、保湿能力を含め様々な能力が減少することになります。

 

その結果として、クマをはじめとした老け顔の要素が増大していくのです。

 

自力で「成長」することは基本的にはない

 

人間の体というのは、十代の後半には様々な部分の成長が完了し

20歳前後に「成熟」のピークをつけ、20代の中頃から劣化し始めます。

 

肌の再生・成長細胞である、「グロースファクター」に関しては

20代の前半から、すでに減少が始まっていることが分かっています。

 

当然のことながら、肌に関する美的な要素に関しても減少することになります。

 

グロースファクターとは、<新しい細胞を生む細胞>でもあり

その細胞が減少してしまうことで、<綺麗な>細胞を作ることが難しくなります。

 

生きている限りは、常に細胞分裂を繰り返している体も

このグロースファクターだけは、新たに作り出すことが難しくなります。

 

内部で作る能力を失ってしまったものは、外部から取り入れることが必要であり

当サイトでも紹介している、「グロースファクター配合アイテム」

非常に画期的であり、本来であれば<20代から>の利用をおすすめしたいアイテムなのです。

 

この記事に関連する記事一覧