老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

「肝斑」と「シミ・そばかす」は何が違うの?見分け方は?~その対策と解消法~

年をとるごとに増え・濃くなってくる「シミ」「そばかす」と非常に似た

肌トラブルである「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる症状に悩まされている女性は多いはずです。

 

同じく、肌の表面に現れる「周囲とは違う色」であり

メイクで隠せる程度であれば、日常生活では何とか納得できるかもしれませんが

一般的な化粧では隠せない濃さや、範囲の場合には深刻なケースとなります。

 

実際にあらゆる面で、シミ・そばかすと似ていることが特徴ですが

生成メカニズム・原因はわずかに異なり、それぞれに適切な予防法・改善策があります。

 

重なる原因と異なる原因

 

まず、肝斑は「ほほ骨」や「鼻の下」に見られることが多く「左右対称」であり

季節や日によって、薄くなったり・濃くなったりすることが特徴です。

 

また、局部的に「小さなほくろ」に見える場合もあります。

 

女性ホルモンの乱れ・減少・が招く肝斑

 

肝斑は30代から増加し始め、40代になって顕著になることが多く

この時期というのは、女性ホルモンの減少・乱れが起き始めるタイミングです。

 

自律神経・内分泌系の機能が、<狂い>始める時期とも言えます。

 

シミ・そばかすは、排卵後~生理前の「プロゲステロン」が増加する時期に

発生しやすく、この繰り返しによって沈着・定着していきます。

 

プロゲステロンとは・・・

 

妊娠した際・それ以降のために、体に各種栄養を留めておくためのホルモンであり

この時期には、

  • 太りやすい
  • むくみやすい
  • 便秘になりやすい

 

といった、あらゆるものが「溜まりやすい」状態に体が変化します。

 

排出機能を中心として、新陳代謝機能が低下するため

それによって、メラニンの排出が抑制され、シミ・そばかすが増えることになります。

 

そういった意味では、いずれも女性ホルモンが関わるものですが

肝斑の場合は「紫外線」等の外部的な要因による色素沈着というよりも

あくまで「内分泌系」の、何らかの異常によることの割合が多いとされます。

 

妊娠時や経産婦に発生することも多く、また「ピル」避妊薬や、ホルモン治療の経験など

「通常」ではないホルモンの変動があった際に、発生しやすいという特徴があります。

 

またその傾向は「遺伝」することも多く、これは「更年期障害」

女性ホルモンが関わる症状全般に、共通する特徴でもあります。

 

もちろん「ストレス」といったものに関しても、肌の調子を悪化させることはもとより
自律神経・ホルモン環境のへ悪影響を及ぼす要因であり、いずれにしても注意すべきです。

 

肝斑の対策と治療・改善法

 

加齢による女性ホルモンの減少にしても、

妊娠・出産による、女性ホルモンの変動にしても、

避けられない・仕方がないものであり、根本的な要因の回避は困難です。

 

しかしながら、肝斑というのはシミ・そばかすに比べ

「定着しっぱなし」ということが少ないという特徴もあります。

 

もちろんそのまま沈着し、更に濃くなっていくこともありますが

比較的、改善策が取りやすい・確率された症状でもあります。

 

改善策も重なる・異なる要素が多い

 

肝斑の治療は「トラネキサム酸」と呼ばれる

「プラスミン」と呼ばれる成分の働きを抑える

抗プラスミン作用を持った成分を、配合した内服薬を利用することになります。

 

プラスミンとは、メラノサイトを活性化させる内分泌成分であり

メラニンが色素を演出することは、シミ・そばかすと共通していることです。

 

また、シミ・そばかすと同じく

  • 活性酸素(老化物質)を抑制・解消する「ビタミンC」
  • 代謝機能のサポートとなる「L-システイン」

 

これらを併用することもあります。

 

一般的に入手できる、「トラネキサム酸」配合アイテムは非常に少ないことが現実であり

「デリケートゾーンケアアイテム」として販売されている、一部のみとなります。

 

自然に解消されることも

 

肝斑に悩まされている女性の中には、

「このままだったらどうしよう?」と不安になっている方も多いと思われます。

 

しかしながら、30代、40代と悩んでいた方でも

50代くらいに、正確には「閉経後」に自然と解消されることも多いようです。

 

そのため「何もしない方がいい」という意見もあります。

 

また「レーザー治療」にも、賛否両論があることが事実であり

「シミと同じようには消えない」という事実もあります。

 

しかしながら、なるべく早く・綺麗な時期を長くと考えるのであれば

医療機関に訪れる、もしくは特別なケアを始めることをおススメします。

 

この記事に関連する記事一覧