老け顔の効果的な改善方法

老け顔を改善したい!おすすめのエイジングケア美容液ランキング

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」の症状と原因~「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」との違いは?~

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」という症状は名前も難しく

聞いたことのない方も多いと思われます。

 

おおよその予想はつくと思われますが、健康な皮膚を保つための

皮膚内の組織が減少している症状を指すものであり

「見た目」だけでなく、様々な面で弊害が起きることになります。

 

また、似た名称に「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」と呼ばれるものがあり

こちらに関しても、骨の密度が少なくなる(いわゆるスカスカ)ことで

「骨折」等のトラブルを、起こしやすくなる症状です。

 

皮膚粗鬆症に関しても、皮膚内で同じことが起きており

いずれも「女性ホルモンの減少」が、主な要因となる症状であり

ある程度は避けられないものになりますが、美容・健康を保つうえで

できるだけ対策をしいきたいものであることも、変わりありません。

 

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」の症状

 

皮膚粗鬆症は、具体的には主に「コラーゲン質」が減少していることで

まずは、コラーゲンの主な働きである「保湿能力」の絶対量が衰えることになります。

 

加えて、似た働きを成している「セラミド」「ヒアルロン酸」に関しても

減少している状態であり、肌が乾燥することで

  • シワ
  • たるみ

 

といった、典型的な症状が発生します。

 

いわゆる「ハリ」と呼ばれる<弾力性>を保てなくなるのです。

 

非常に重い症状と考えるべき

 

「肌の劣化」と聞くと、珍しくはない・ありきたりな症状になりますが

皮膚粗鬆症は、あえて<一線を越えた対処すべき症状>として

「疾患」として、認められている症状になります。

 

症状が進行することで「深在性解離性血腫 」と呼ばれる

<皮下出血>を起こすこともあり、そこまで行きつく前に

本格的な改善アプローチを施す必要があります。

 

体内と外部からの改善が必要

 

失われていくことが避けられないものはまずは、

やはり<外部>から与える必要があります。

 

それに加えて、内側からのアプローチも欠かせないものになります。

  • 体の内側からの根本的な改善苦
  • 外側からの応急処置・根本的な改善策のサポート

 

これらを、同時に行っていくことが理想的です。

 

内側からのアプローチに関しては、

「セラミド」「コラーゲン」となる栄養素の摂取と同時に

減少する女性ホルモンを補う、という考え方も必要になります。

 

また、外側からのアプローチとして

現実的には、今まで使用してきたスキンケアアイテムよりも

「より効果の高いもの」を見つけ出し、試してく必要があります。

 

肌にとって必要な成分の質・量は、年をおうごとに変わるものであり

基本的には、量・質共に「より多く、高く」なるのは仕方がないことでもあります。

 

「皮膚掻痒症(ひふそようしょう)」とは

 

「皮膚掻痒症(ひふそようしょう)」に関しても

それほど広くは知られていない症状であり

「皮膚粗鬆症(ひふそそうしょう)」と非常に似た名称ですが

その症状は異なるものであり、「痒み」を伴う疾患になります。

 

特徴としては「湿疹」「かぶれ」といった症状が見られないにも関わらず

<痒い>という感覚が発生する症状であり、「掻きむしる」等の二次被害のリスクが想定されます。

 

  • 弱い痒みが継続するケース
  • 強い痒みが短期的に襲ってくるケース

 

2つのパターンの症状が、現れることが多いようです。

 

また、妊娠中にのみ症状が見られる「妊娠掻痒症」といったものもあり

皮膚粗鬆症と同じく「女性ホルモン(性ホルモン)」も、関わっていると考えられます。

 

皮膚の乾燥が根本要因

 

この皮膚粗鬆症の症状に関しても、肌が乾燥していることで起きやすく

「お風呂あがり」といったタイミングで現れやすいものでもあります。

 

慢性的に肌が乾燥している状態であれば、よりリスクが高くなると考えられます。

 

また内臓に関する疾患、特に「代謝」が関わる器官のトラブルによっても

発生することのある症状でもあり、

  • 腎臓
  • 甲状腺
  • リンパ腺
  • 前立腺

 

特にこれらに対して、何らかの不具合が現れた際や

また処方箋の服用による、「副作用」としても、現れることがあります。

 

そのため、「体内のめぐり」に関しても、無視でない要素と言えます。

 

「皮膚掻痒症(ひふそようしょう)」の改善

 

皮膚掻痒症は、単なる乾燥によって痒いのか

乾燥を伴う疾患(皮膚掻痒症)なのかは、判断が難しいものですが

ワセリン・保湿クリーム類の、物理的な「塗布」によって改善を目指すことになります。

 

また、痒みを発生する素である「ヒスタミン」を抑えるための

「抗ヒスタミン薬」は用いられることもあります。

 

加えて、「漢方薬」による対処も一般的であり

やはり<めぐり>の改善が、重要な要素と言えます。

 

何といっても「乾燥状態」という、根本的な要因を改善することが重要であり

その状態が改善しなければ、本当の克服とはなりません。

 

この記事に関連する記事一覧